映画『オンネリとアンネリのおうち』上映後舞台挨拶のご報告
Pocket
LINEで送る

【ニュース】
フィンランドで長く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミ原作の児童文学「オンネリとアンネリ」シリーズを映画化、本国フィンランドでは3 週連続1 位に輝き、その後シリーズ化された3 作品はのべ100 万人を動員し、国民の5人に1 人が観る大ヒットを記録した作品『オンネリとアンネリのおうち』。6/9(土)にYEBISU GARDEN CINEMA にて初日を迎え、本作の監督サーラ・カンテルがフィンランドより来日、登壇舞台挨拶を行いました。

Q:細部まで可愛さが詰まった作品なのですが、どういったチームで制作されたのでしょうか?やはり、女性スタッフが多かったのですか?

■ サーラ・カンテル監督:そうですね!今回のチームは女性のスタッフがたくさんいました。撮影監督や衣装デザイナーなどもたくさんいました。

Q: 本国では本作は大ヒットし、シリーズ化となって、今4作目の撮影を準備中と伺いました。本作の撮影時のオンネリとアンネリ当時7 歳だったはずですが、今とても大きくなっていますか?

■ サーラ・カンテル監督:撮影を準備している4作目は新たに、9歳の子をキャスティングしました。本作のオンネリとアンネリはすでに14歳になってしまったので、少し歳を取りすぎてますからね(笑)。ですので、本作のオンネリとアンネリは新しくキャスティングされた「オンネリとアンネリ」の師匠として、大変よく面倒を見てくれていますよ!

フィンランドより来⽇︕「オンネリとアンネリのおうち」監督舞台挨拶のご報告

Q:本作ではいろんなキャラクターが出てきますが、フィンランド人の気質を表しているんでしょうか?

■ 子供たちは典型的なフィンランド人だと思います。とっても勇気があって、相手の事を世話したり、本当に好奇心が強いです。登場する大人たちもそういった感じであれば良いのですけど、ちょっと違いますね!

Q:本作ではフィンランドの夏至の季節を描いています。そして、夏至は非常に大切なお祭りとして祝われると聞いたのですが、どういった過ごし方をするのでしょうか?

■ フィンランドにとって夏はとても大事な季節です。北の方の地域は、太陽の沈まない白夜が起こってますね。夏休みが皆1ヶ月ありますので、努力して街から離れて自然の中に入り、家族と過ごしています。

■ 舞台挨拶情報
6/9(⼟)12:00 の回、上映後・舞台挨拶
会場︓YEBISU GARDEN CINEMA
登壇者︓サーラ・カンテル(監督)


【イントロダクション】
「ムーミン」「ロッタちゃん はじめてのおつかい」「⻑くつ下のピッピ」「⼩さなスプーンおばさん」「ヘイフラワーとキルトシュー」など、世界中で愛される絵本や童話を贈りだしてきた北欧から新たに届いたのは、フィンランドで⻑く愛され続けるマリヤッタ・クレンニエミによる児童⽂学が原作の、⼩さな⼥の⼦オンネリとアンネリの物語。

ふたりに起こるドキドキワクワクの事件を描き、本国では3週連続1位に輝き、その後シリーズ化された3 作品はのべ100 万人を動員し、国民の5人に1 人が観る大ヒットを記録!!フィンランドの家具やインテリア、⾷器や⼩物、ふたりおそろいの服まで、何から何までとってもオシャレで可愛いくて、誰もが幼い頃に憧れた、とびっきりキュートな世界へようこそ!

映画『オンネリとアンネリのおうち』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

【ストーリー】
オンネリとアンネリはとっても仲良し。ある日ふたりは、バラ通りで「正直者にあげます」と書かれた手紙とお金の入った封筒を拾い、そのお金で、バラの木夫人というおばあさんから夢のように素敵な水色のおうちを買うことに。オンネリは9人きょうだいのまん中で、アンネリは離婚したおとうさんとおかあさんの間を行ったり来たり。ふたりの両親は忙しすぎて、自分たちがいなくても気づかない。

「わたしたち、ふたりの家に住んでいい?」気難しそうなお隣さんや、魔法が使える陽気なおばさん姉妹、ちょっぴり変わったご近所さんと交流しながら、ふたりだけの楽しい生活が始まる。しかし、ある日お隣さんに泥棒が―!

■ オンネリとアンネリのおうち予告編

原作「オンネリとアンネリのおうち」
著者:マリヤッタ・クレンニエミ
訳者:渡部翠
出版社:福音館書店
監督・脚本:サーラ・カンテル「星の見える家で」
脚本:サミ・ケスキ=ヴァハラ「旅人は夢を奏でる」
製作:テーア・フーテア、サリ・レンピアイネン
撮影:マリタ・ヘルフォルス「星の見える家で」
衣装:アウリ・トゥルティアイネン
音楽:アンナ・マリ・カハラ
編集:アンネ・ラカネン

■ 出演
アーヴァ・メリカント(オンネリ/黒髪の女の子)
リリャ・レフト(アンネリ/金髪の女の子)
エイヤ・アフヴォ(バラの木夫人)
ヤッコ・サアリルアマ(リキネン)
ヨハンナ・アフ・シュルテン(ウメ・ボーシュ)
エリナ・クニヒティラ(ノッポティーナ)
キティ・コッコネン(プクティーナ)

2014年/フィンランド/フィンランド語/80 分/

原題:Onneli ja Anneli
英題:Jill and Joy

■ コピーライト
© Zodiak Finland Oy 2014. All rights reserved.

■ 配給
アット エンタテインメント

■ 公式HP
www.onnelianneli.com





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『オンネリとアンネリのおうち』上映後舞台挨拶のご報告


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  3. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  4. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  5. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  6. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  7. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る