『いとみち』りんご娘 王林、シソンヌじろう、蜷川べに(和楽器バンド)らのコメント到着!

画像,いとみち

第16回大阪アジアン映画祭 グランプリ&観客賞W受賞
映画『いとみち』
絶賛コメント到着!!

大ベストセラー『陽だまりの彼女』の作者である越谷オサムによる同名の青春小説を原作とし、駒井蓮と豊川悦司が父娘役で出演する『いとみち』(6月18日(金)青森先行上映&6月25日(金)全国公開)。

画像,いとみち

主人公の相馬いとは、津軽三味線が得意な青森・弘前市の高校生。津軽三味線を弾く時に爪にできる糸道に名前の由来を持つ。強い津軽弁の訛りにコンプレックスを持ち話すことが苦手で友人も少ないが、芯はじょっぱり(意地っ張り)。一大決心をして津軽メイド珈琲店でのアルバイトをはじめたことをきっかけに、祖母、父、バイト仲間たちに励まされ、16歳のいとは成長していく。

画像,いとみち

弘前市出身で、“津軽のインフルエンサー”義彦おじさんのネタがトレンド入りした芸人シソンヌ じろうさんからは、「いとが一度は捨てた三味線を再び手に取った時の心情は僕が津軽弁をネタにしてみよう、と思ったときのそれとまさに一緒なのだと思う。いとは、僕なのだ」と、青森にアイディンティティをもつ主人公・いとに自身を重ねたコメントが到着!

画像,いとみち

青森ではほぼ100%認知度のスーパーアイドルユニットりんご娘の王林さんと彩香さんからは、動画コメントが到着!
王林さんは「友情、青春、家族愛とか、その辺にいつもある愛、温もりが描かれている。さすが横浜聡子監督」と称賛。「うちのジョナゴールドがいい味だしてる」「これが青森だよなぁ」とメンバーのジョナゴールドさんと、ときさんの演技を語る。どのような方に見てもらいたい、という質問に「一切ないです。誰でもいい。絶対、誰しもが共感できる一面がある」という王林さんらしい(!?)コメントも。彩香さんからは「いとが変わりたいと思って新しい環境に踏み込んで、出会う人達との人間関係が徐々に温かくなっていくのが、見ていてほっこりした。青森に生まれてよかった」と語った。

画像,いとみち画像,いとみち本作の主題歌「エデンの少女」を提供している人間椅子さんからも動画メッセージが到着。
現代津軽三味線奏者のスター、吉田兄弟は「一人の高校生が成長する姿は、どこか懐かしく、切なく、くすっと笑えて… いつの間にか幸せな気持ちで満たされていました」
また、自由を愛するシャミセニストとして活躍する和楽器バンドの蜷川べにさんは「人見知りのいとが三味線を通して自分を少しずつ表現して成長していく姿が印象的」と、同じ津軽三味線を愛する主人公の成長を見つめる温かなコメントが寄せられた。

画像,いとみち
単行本「いとみち」(新潮社)の表紙イラストを描き、WEBコミックぜにょんにて作画を手掛けたマンガ「あゝ我らがミャオ将軍」を連載していた(原作・構成はまつだこうた先生)もりちかさんも、「ノスタルジックな情景と朴訥な女の子が周囲をまきこんで変わっていく、青春を感じ取ることができます。とても見て元気がでました」とコメントを寄せ、いとのイラストを描いた。駒井蓮さんとイラスト版いとがコラボしたポスターは限定数用意され、全国の劇場でみることができる。

画像,いとみち 画像,いとみち

コメント動画

王林さんコメント

彩香さんコメント

人間椅子さんコメント

絶賛コメント

●シソンヌ じろう(芸人)
いとが一度は捨てた三味線を再び手に取った時の心情は僕が津軽弁をネタにしてみよう、と思ったときのそれとまさに一緒なのだと思う。もうお気付きでしょう。いとは、僕なのだ。

●吉田兄弟(津軽三味線奏者)
“いとみち”に残る母の記憶と三味線の音色が奇跡を起こす!?
一人の高校生が成長する姿は、どこか懐かしく、切なく、くすっと笑えて… いつの間にか幸せな気持ちで満たされていました。

●もりちか(漫画家・イラストレーター)
原作が大好きでしたが、この映画はその原作の雰囲気をそのまま感じ取ること ができました。
ノスタルジックな情景と朴訥な女の子が周囲をまきこんで変わっ ていく、青春を感じ取ることができます。
とても見て元気がでました。

●蜷川べに(和楽器バンド/津軽三味線奏者)

人見知りのいとが家族や友人、思いきって始めたメイドカフェでの仲間との関わり合いの中で、
絆を深め、三味線を通して自分を少しずつ表現して成長していく姿が印象的でした。
昔、私自身も青森弘前は大会の為によく滞在していたので津軽弁が懐かしい気持ちになりました。

作品概要

監督・脚本:横浜聡子 原作:越谷オサム『いとみち』(新潮文庫刊) 音楽:渡邊琢磨
エグゼクティブプロデューサー:川村英己 プロデューサー:松村龍一 撮影:柳島克己 美術:布部雅人 塚本周作
照明:根本伸一 録音:岩丸恒 編集:普嶋信一 音響効果:渋谷圭介 スタイリスト:藪野麻矢 ヘアメイク:澤田久美子 助監督:松尾崇 制作担当:大川哲史
協力:青森県弘前市 青森県北津軽郡板柳町 青森県平川市 企画協力:新潮社 制作プロダクション:ドラゴンロケット
宣伝:Lem 配給:アークエンタテインメント
製作:アークエンタテインメント 晶和ホールディング 日誠不動産 RAB青森放送 東奥日報社 ドラゴンロケット
ⓒ 2011 越谷オサム/新潮社 ©2021「いとみち」製作委員会 上映時間:116分
http://www.itomichi.com/

青森先行公開中&6月25日(金)全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  2. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  3. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  4. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  5. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  6. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  7. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る