映画『焼肉ドラゴン』大ヒット祈願イベントに真木よう子さん、大泉洋さん、大谷亮平さん、鄭義信監督が登場

Pocket
LINEで送る

6月13日(水)神楽坂・赤城神社(東京都新宿区)にて長女静花役・真木よう子さん、哲男役・大泉洋さん、長谷川豊役・大谷亮平さん、鄭義信監督による、映画『焼肉ドラゴン』大ヒット祈願イベントが開催されました。映画『焼肉ドラゴン』の大ヒットを参加者全員で祈祷したのち、トークショーイベントが行われました。

まず、挨拶として作品への想いを監督、真木よう子さん、大谷亮平さんが熱く語る中、大泉洋さんは祈祷イベントを振り返り「神社での珍しいイベントだと思いますが、時間の都合もあってか、神主さんがだいぶ端折っていました。その甲斐もあって見事祈願ができ、清々しい気持ちで映画のヒットを確信しています!」と早速大泉節で会場を盛り上げます。

続いて、本作で大阪万博が開催された昭和45年の高度経済成長期という大きな時代の波に翻弄されながら、その片隅で強く逞しく生きる家族の絆が描かれることにちなみ、『焼肉ドラゴン』一家の“家訓”が発表され、トークが繰り広げられました。

〇韓国料理の差し入れがとても美味しかった!(真木よう子さん)
一、ご飯は家族みんなで食うべし!

真木よう子さん(以下、真木):京都で約一か月間の撮影でしたが、父役のキム・サンホさんがみんなでご飯を食べることにこだわり、昼ご飯をみんなで食べ、撮影後の夕食もみんなで食べていました。韓国から奥様が来日され、韓国料理の差し入れもして下さり、凄く美味しかったです!

大谷亮平さん(以下、大谷):(韓国で活動していたので)言葉の壁を取り払うべく、撮影の合間は通訳の役割も担っていましたが、段々それも必要がなくなり、皆さん会話が成立していきました。言葉の壁を越えた関係になっていたんだと思います。

大泉洋さん(以下、大泉):韓国のキャストの方々がキムチを持ち込んでいて、みんなに振る舞ってくれたました。キム・サンホさんは僕の大ファンになり、「大泉さん!大泉さん!」と。先日宣伝で来日された時、イベントには参加できず、打ち上げだけ参加したのですが、すごく盛り上がりました。最後は宿泊している部屋で飲み、大変だったんですよ(笑)

鄭義信監督(以下、鄭監督):毎日同じ場所に通い撮影をしていましたし、夜も一緒に過ごすことが多く、段々通じ合っていたんだと思います。

二、注がれた酒は飲み干せ!

※劇中の大泉さんがお酒を飲むシーンに触れ、台本と違う形になったシーンを熱弁。
〇どんどん増えたキスシーン(大谷亮平さん)
三、感情はすべてさらけ出せ!

四、好きな人を全力で愛せ!

司会者:大泉さんも大谷さんも全力で愛していました!

大泉:足に縋り付いて感情をぶつけるシーンがありますが、お水がすごく冷たかった。なんであそこで足を洗うのか、僕の中では静花魔性の女説が浮上しました。

真木:本当に冷たくて、大泉さんもビショビショで大変そうでした(笑)

大谷:キム・サンホさんが本当に親父の目をしていて、(プライベートでは未婚なので)実体験はないですが、こんな感じなのかなと想像しました。桜庭さんとのキスシーンがどんどん増えていき、彼女にとっても初のキスシーンだったそうですが、すごい熱愛でした。

鄭監督:台本より少し増えたかな。登場するたびにキスシーンみたいな。

大泉:なんで哲っちゃんのキスシーンは増えなかったんですか!

(会場爆笑)

五、明日はええ日になると、前を向いて生きろ!

鄭監督:泣いたり、笑ったり、喧嘩したりする日々がある中で、どこへ行っても家族やでという台詞があるように、観客の方もきっと明るい気持ちで、明日いい日になるかもしれないという気持ちで映画館を出ていってほしいと願っています。

大泉:監督、自分で考えたんですか?誰かに言われたんじゃないですか?素晴らしい台詞ですよね。このセリフが言いたかった!
〇大泉洋さんは大成しない!?楽屋ヤクルト事件勃発
さらに、この日集まった皆さんご自身の“家訓”にまつわるお話が披露されました。

鄭監督:・・・。その場その場をなんとか生きていけ!・・・失礼しました。

(大泉さんからすがさず「ダメな言葉ですね。この質問台本に書いてあったでしょう!」とツッコミが入る)

真木:基本的な挨拶を元気よくしよう。行ってきます、ただいま、おやすみなさい。家族の中での挨拶は気持ちよくしようと心がけています。

大泉:ないですよ。親父が言っていたのは、ものを捨てない。特に食べ物。食べれるか食べれないかは、食べてから判断する。腐っているかもしれない、食べれないかもしれない、それは食べてから決めろということで、私は実践しています。妻が捨てると言っても、私は食べてから判断しています。

(会場爆笑)

大谷:「コーヒー一杯をケチる人間は大成しない」と母からよく言われました。自分は節制し、周りの方にはちゃんと気配りをしなさいと。

大泉:さっき楽屋でマネージャーにヤクルト400を2本くださいと言われ、1本しかあげませんでした。すごく軽い気持ちで「2本くらい良いっすか?」と。

大谷:それはダメですよ。

大泉:すっごい軽く言われて。私の一週間分のヤクルトですよ。

(会場爆笑)

大谷:大泉さん、そこは是非。

大泉:そうですか。あとで楽屋でもう1本あげておきますよ。

(大泉さんの今後を左右する?ヤクルト事件無事解決!?)
〇きっとまた明日良いことがある(鄭監督)
最後に公開に向け、キャストの皆さんと監督から映画『焼肉ドラゴン』の応援メッセージが送られました。

真木:タイトルからは想像できないような衝撃と感動がある、素敵な作品です。

大泉:とにかくタイトルだけが良くない。太り気味の拳法使いが焼肉屋で暴れる映画なのか。そんなことはなくて、監督が手掛けた舞台はチケット入手が困難で、私は北九州まで鑑賞しに行ったほどです。映画も舞台に負けず劣らず、心温まる家族の素晴らしい物語になっています。

大谷:ホルモンやが舞台になっていますが、韓国では、良い時も悪い時も、ホルモンを食べ、一杯飲んで、また明日も頑張ろう!という習慣のようなものがあります。この映画をみて、次の日の活力になるような映画になっています。

鄭監督:時代は明日が見えない、希望がないと言われますが、明日また良いことがあると信じて、愛と勇気を得られる映画だと思います。

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より、全国ロードショーです!

【物語】
万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。

つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

■ 予告編動画

原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信)
脚本・監督:鄭 義信

■ 出演
真木よう子
井上真央
大泉 洋
桜庭ななみ
大谷亮平
ハン・ドンギュ
イム・ヒチョル
大江晋平
宇野祥平
根岸季衣
イ・ジョンウン
キム・サンホ

配給:KADOKAWA ファントム・フィルム
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会

■ コピーライト
©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会

■ 公式サイト
http://yakinikudragon.com





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『焼肉ドラゴン』日本の演劇賞を総なめした演劇界の金字塔、待望の映画化!


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  2. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  3. ■イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を救…
  4. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  5. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  6. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  7. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る