『あらののはて』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 Q&A レポート

『あらののはて』SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 Q&A レポート

長谷川朋史監督がQ&Aに登壇!
「情緒的なものが感じられないようなこだわりで作った」

カメラを止めるな!』の主人公の妻役で大ブレイクしたしゅはまはるみ、映画『イソップの思うツボ』などに出演の藤田健彦、1980 年代より数々の舞台演出を手がける長谷川朋史の3人が結成した自主映画制作ユニット「ルネシネマ」。

2019 年、しゅはまと藤田が主演のルネシネマ第1弾、映画「かぞくあわせ」が池袋シネマ・ロサで記録的な動員を達成。ルネシネマ第2弾として企画・製作された本作『あらののはて』は、門真国際映画祭2020で最優秀作品賞、優秀助演男優賞、優秀助演女優賞の三冠を達成し、うえだ城下町映画祭 第18回自主映画コンテストでは、審査員特別賞(古廐智之賞)を受賞。SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020、日本芸術センター第12回映像グランプリでは入選を果たした。

さよなら、初恋の成れの果て
あの日以来、絶頂感を得られない風子は、8年ぶりに荒野君を探し出し…

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭に「高校時代の自由奔放でキュートな姿と、8年前の感情をこじらせてしまった現在のイタイ姿の風子の対比がなんとも切ない」と評された主人公・風子役には、女優・ダンサー・振付家とマルチに活躍する舞木ひと美。風子が出した食べかけのガムを食べるクラスメート・荒野役には『無頼』(監督:井筒和幸)や主演作『僕たちは変わらない朝を迎える』(監督:戸田彬弘)で注目を集める髙橋雄祐
あらののはて,画像
一途さと冷めた距離感が同居しているそのかわいさを古廐智之監督に評価された、8年後、荒野と同棲しているマリア役に眞嶋優。荒野が食べかけのガムを食べたのを見て嫉妬に狂う同級生・前田役に成瀬美希

荒野に会うよう風子の背中を押す絵画教室の先生役でしゅはまはるみ、風子たちの担任の先生役で藤田健彦が、絵画教室の印象的な役所で、小劇場界のレジェンドである、劇団「動物電気」の政岡泰志小林けんいちが脇を固めている。

池袋シネマ・ロサ(8月21日(土)〜9月10日(金)3週間レイトショー)、名古屋 シネマスコーレ、京都みなみ会館での公開が決まっている。

長谷川朋史監督がQ&Aに登壇

オンライン開催の昨年に本作が入選したSKIPシティ国際Dシネマ映画祭では、本年度の映画祭の開催に先駆け、7月の週末5日間に2020年の映画祭でノミネートした全24作品を、SKIPシティで上映中。

キックオフとなった1日目の4日午前、『あらののはて』が上映され、長谷川朋史監督がQ&Aに登壇した。

最初の質問者が、ほぼFIXで撮り、キャラクター二人が画面からアウトして、やりとりだけ聞こえて、画面に戻ってくるカットを使用した理由を聞くと、監督は、「ずっと舞台演出をやっていたので、舞台をイメージした画作りが第一だった。“見えている場所、撮影で切り取っている場所は、映画でいうともちろんスクリーンで映っている場所なんですけれど、僕たちから見ると、それは窓で、ビジュアル的には映画との接点のすべて。その窓がどこを向いていて何を撮っているかは演出的に大事で、そこにあるものないものを作為的にコントロールすることによって、伝えるメッセージというのが強くなる”という手法を取った」と説明。

本作のプログラマーの長谷川敏行さんは、「監督自身が撮影も担当していて、構図も面白かった。すべてのシーンがわりと左右対称のシンメトリーになっている。学校の廊下で前田さんが仁王立ちして生徒が両端を歩いているシーンだとか、風子とマリアが公園で対峙するシーンも“真ん中にジャングルジムがあって風子とマリアがいる”という左右対称の構図だった。」と指摘。その理由を聞かれ、監督は、「この映画は初恋を描いているんですが、振り回されている人たちは泣いたりわめいたりしているけれど、主人公たちの心情、感情があまり発露しないというか、本人たちの気持ちがわからない。それをビジュアルとして、スクエアやシンメトリーなど無機質なものを配置して、なるべく記号的な意味合い以外のもの、情緒的なものが感じられないようなこだわりで作った」と回答した。
あらののはて,画像
昨年オンラインで鑑賞して今回スクリーンで鑑賞した観客の方が、「逆光のままで撮っていると読みましたが、スマホやパソコンだとベストな環境ではないので、何が起こっているかわからなかった。今後は配信を考えた画面作りなっていくのか?」と問うと、監督は、「映画というと、僕のイメージだと“映写されて何かに反射してスクリーンに映っているもの”。テレビやスマホやタブレットなど発光しているものが映画なのかなぁ?と。劇場でたくさんの人と同じものを見て共有するというのが自分にとっての映画体験。本作は、最初からスクリーンに映すというものとして作った。最近YouTuberの方とかにどういう映像が飽きられないという話を聞いて『(本作は)全部当てはまらないな。正反対だな』と思った。でも『だから価値がない』とは思わない。画面はお客さんと映画を繋ぐ窓。YouTuberさんたちはお客さんに向いた窓。その窓でどれだけサービスができるか。飽きさせない、楽しむ、喜ばせる、というのが今映像の一番の価値になっていると感じたので、あまのじゃくな僕は、映画はサービスではないと個人的には思っている。」と持論を展開した。

観客の方が、「市川準さんばりの心象風景カットをしかもタイムラプスで入れているので、主人公の女の子の気持ちと僕は捉えた。」と指摘すると、監督は、「僕が映画の洗礼を受けたのが80年代。その頃流行っていたアメリカのニューシネマの次のニューシネマやヌーベルヌーベルバーグなどで“感情は風景の中にあって、その人の表情や振る舞いや態度には映さない”というポリシーの監督が多かった。それはセット撮影ではできないし、ロケも風景や色に感情を載せようと最初から考えていないとできない。風子の心情は、夜明け前の青い空がイメージとなっている。心がざわざわするのは雲が早く流れているようなイメージだった。実は風子の顔が映るのはそこだけ。正面からアップで、しかもニヤニヤしている表情がわかるのはそこだけと最初から決めていた。怒っている人や泣いている人もその表情は入れないようにした。」とこだわりを話した。

日本芸術センターでも本作を観たとい男性が、ブラジル国歌が使用されている理由を問うと、監督は、「劇伴で使っているイアン・ポストさんの楽曲はアルバムとして存在する曲なんですけれど、その中にブラジル国歌があって、かっこよくて勇ましくって前向きで『いくぞ』というイメージで、タイトルバックに使おうと最初から考えていた。キャットファイトをどういう演出にしようかと思って、国旗を出したり、視聴覚教室の文化交流で『シティ・オブ・ゴッド』の映画を流しているとしたが、あまり意味はない。現実世界もすべてが自分の都合のいいように成り立っているわけではないので、“映画も映画の世界として成り立っていることがあって、そことたまたま画面が繋がっているだけ”、 “部分としてしか接することができないから自分はリアリティを描くことができる”というのが僕の演出論。」と話した。 

1つのシーンが遠くと近くの2つのパターンで撮られているシーンについて聞かれると、「8年前と現在と同じことを繰り返すというループ構造になっていて、最初の8年前のシーンは客観的に離れたシーンで、盗み見ているという状況。 8年後のシーンは風子が思い出している、風子の記憶のシーンと分けている。」と解説した。

最後に監督が8月21日からの池袋シネマ・ロサでの公開について、「ぜひイベントをやりたいと思っている」と意気込みを語り、1年越しとなったリアルでのQ&Aは終了した。

『あらののはて』特報動画

あらすじ

25歳フリーターの野々宮風子(ふうこ)(舞木ひと美)は、高校2年の冬にクラスメートで美術部の大谷荒野(髙橋雄祐)に頼まれ、絵画モデルをした時に感じた理由のわからない絶頂感が今も忘れられない。絶頂の末に失神した風子を見つけた担任教師(藤田健彦)の誤解により荒野は退学となり、以来、風子は荒野と会っていない。
8年の月日が流れた。
あの日以来感じたことがない風子は、友人の珠美(しゅはまはるみ)にそそのかされ、マリア(眞嶋優)と同棲している荒野を訪ね、もう一度自分をモデルに絵を描けと迫るが…

キャスト

舞木ひと美  髙橋雄祐
眞嶋優 成瀬美希
藤田健彦 しゅはまはるみ

政岡泰志 小林けんいち 山田伊久磨
兼尾洋泰 行永浩信 小谷愛美 才藤えみ 佐藤千青 藤井杏朱夏

監督・脚本

長谷川朋史

撮影・編集:長谷川朋史 
撮影助手:大橋隆行/田口敬太/高柳友孝 
録音:寒川聖美
美術:遠藤信弥/湯本愉美 
メイク:佐藤健司/大貫茉央 
スタイリスト:佐野 旬
スチール:市川唯人 
車両:伊藤悌智 
プロデューサー:舞木ひと美

製作:ルネサンスデザイニング有限会社 
宣伝デザイン:菊池仁・田中雅枝
配給:Cinemago 
配給協力:Giggly Box/Cinemaangel
販売元:オデッサ・エンタテイメント   
2020年/日本/カラー/16:9/DCP/69分
公式HP:https://runecinema.com/aranonohate/
©ルネシネマ

8月21日(土)〜9月10日(金)
池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

あらののはて,画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  4. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  5. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  6. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る