アン役は2年連続美山加恋さん!TOURSミュージカル「赤毛のアン」2018 ※この映画はまだ評価がありません。

~エステー株式会社の取組み~
今年も、エステーさんが主催するTOURSミュージカル「赤毛のアン」がやってきます!

原作「赤毛のアン」は、エステー(株)の鈴木会長が戦時中に本を入手することが非常に難しかった状況下で、何とか手にすることができた本です。疎開生活などを含めて、戦中後の様々な局面で「赤毛のアン」に励まされた、という想いが起点になっています。

元々、ニューヨークへ行けば必ずブロードウェイに行くほどミュージカルが好きだった鈴木会長は、ミュージカルから得られる元気・パワー・感動をお客様にも味わってもらえないかとの思いから、1998年にオリジナル・ミュージカルの公演をスタートします。

「赤毛のアン」は2003年から毎年公演して、今年で16年目になりました!
チケットプレゼントキャンペーンは6月末まで!
さて、この夏の大イベントですが、例年「全席ご招待制」となっています。

チケットの入手方法<応募締切6月30日(土)>やイベントの詳細は以下公式HPにてご確認下さいませ。

https://www.st-musical.com/
主演は2年連続・美山加恋さん
今年もアン・シャーリー役として美山加恋さんが熱演する予定です。また、オーディションを経て出演される皆さんも応援しています!!

美山加恋さんプロフィール/アン・シャーリー役
【生年月日】1996年12月12日
ドラマ「僕と彼女と彼女の生きる道」(2004年)で小柳凛役を演じ、注目を集める。 その後、数々のテレビドラマ、映画、舞台など幅広く活躍。昨年放送されたアニメ「キラキラ☆プリキュアアラモード」では主人公の声優も努め、今年はアニメ「アイカツフレンズ」の声優も努める。


◆美山加恋さんがポスターに入り込む!?「赤毛のアン」新CM

★今年もエステー(株)がお届けする感動商品の最新情報をご紹介!
「家中に置こう!消臭力キャンペーン」を8/31まで実施中
ただいま、エステーでは8/31まで夏に向けたキャンペーンを実施しております。

「消臭力」の購入個数に応じてユニークなオリジナルグッズが抽選で500名様に当たります。

消臭力をご家庭に置き、消臭力ミトンやバスタオル、クッションといったユニークなグッズを手に入れて、日々の暮らしをちょっと楽しく快適に過ごしてみてはいかがでしょうか。


http://www.st-c.co.jp/campaign/2018_summer.html
昨年秋に登場した新ブランド「洗浄力」。
トイレ便器のフチ裏から便器全体をモコモコ泡で洗浄する「洗浄力 モコ泡わ トイレクリーナー」は、初年度販売目標を3か月以内で達成した人気商品です。

今年春にはその「洗浄力」シリーズから、新たに「洗浄力 モコ泡わ ノズル専用クリーナー」を新発売しました。


http://www.st-c.co.jp/products/detail/cleaner_004069.html
★「空気をかえよう」に込めた想い!
「消臭力」でおなじみのエステー(株)が、なぜミュージカル「赤毛のアン」を公演するのか?昨年、エステー(株)広報部のご担当者様にその理由をお聞きしました。
そこには、「空気をかえよう」をスローガンに掲げ日本の空気をかえたいと奮闘するエステーさんの本気の取組みがありました!

2017年6月に実施したインタビューはこちら。【ミュージカル「赤毛のアン」~エステー株式会社の取組み~】(読書ログプラス)

https://tokushu.dokusho-log.com/interview/160.html

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

おすすめの記事

コメントは利用できません。

注目映画

  1. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  2. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  3. 画像,ひとよ,佐藤健
    壊れた家族は、つながれますか。 白石和彌監督最新作 映画『ひとよ』 ■イントロダクション 十…
  4. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  5. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  6. 画像,EXIT
    韓国動員数940万人突破の大ヒット! 『新感染』の次に見るべきサバイバル・パニック映画はこれだ! …
  7. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…

Facebook





ページ上部へ戻る