映画『愛しのアイリーン』安田顕「覚悟して見たほうがいい」と語る主演作その衝撃の特報映像がついに解禁!

映画『愛しのアイリーン』安田顕「覚悟して見たほうがいい」と語る主演作その衝撃の特報映像がついに解禁!
Pocket
LINEで送る

幸せを買った男と、シアワセを夢見たフィリピーナ。
二人で歩む、地獄のバージン・ロード!

【ニュース】
寒村の地。久方ぶりに岩男(いわお)が帰省したその日は、死んだことすら知らなかった父親の葬儀中だった。しかも岩男はフィリピンで買って来た嫁、アイリーンを連れていた!42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男に無邪気にまとわりつくアイリーン。騒つく参列者たちの背後から現れたのは、ライフルを構えた喪服姿の母親ツル。今、戦慄の来訪記が幕を開ける−。ラストの瞬間まで怒涛のように押し寄せる行間なしのエモーション。日本映画の枠を超える、感動のラブ&バイオレンスがここに誕生!

未だに熱狂的なファンを持つ「ワールド・イズ・マイン」や、ドラマ化された「宮本から君へ」で再び脚光を浴びる生ける伝説、新井英樹の傑作漫画が史上初めて映画化される。監督は『愛しのアイリーン』を“最も影響を受けた漫画”と公言する吉田恵輔。『ヒメアノ〜ル』で日本を震撼させた吉田演出の集大成がここにある。主演は稀代のカメレオン俳優、安田顕。伝説漫画の主人公を渾身の力で怪演する。本作を試写に観た安田から「試写を観た後、立ち上がれなくなりました。

マイク・タイソンに思いっきり殴られた感じで、覚悟して観たほうがいいということは、お伝えしておきます」と自身の主演作に大絶賛!共演陣には、岩男の母にして強烈な愛憎でアイリーンを追い詰める姑ツル役を、名優・木野花が恐るべき迫力で演じ「撮影は、原作の見えない力に引っ張られるように、熱に浮かされるように猛進して行きました」過酷な撮影当時を振り返る。そして共演陣には、深遠なるヤクザ塩崎役には伊勢谷友介、本作のヒロイン・アイリーン役には、フィリピンオーディションで吉田監督により見出された新星ナッツ・シトイ。異国の地での初の撮影について「海外での仕事、夏と冬という正反対の季節での撮影も初めての経験で、とてもチャレンジングな事でした。楽しんで頂けると嬉しい。」とコメントを寄せている。

この度解禁となった特報映像には、ウェディング曲として定番中の定番「結婚行進曲」が大きく鳴り響く中、農村を走る一台の車から始まる。42歳まで恋愛を知らずに生きてきた岩男(安田顕)と、フィリピンで買われた嫁アイリーン(ナッツ・シトイ)、そんな結婚を認めない、喪服姿でアイリーンにライフルを向ける母親ツル(木野花)。息子、嫁、姑。「地獄のバージン・ロード」のコピーにあるように、物語は戦慄のドラマへと突き進む。そしてラストに映し出される衝撃の映像。一体、何が起ころうとしているのか・・・。主演:安田顕の本編へのコメントと同様に、「覚悟してみたほうがいい」特報が完成した。

■ 『愛しのアイリーン』衝撃の特報映像

【キャスト】
安田顕 (『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』)
ナッツ・シトイ
河井青葉 (『こどもつかい』)
ディオンヌ・モンサント
福士誠治 (『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』)
品川徹 (『花筐/HANAGATAMI』)
田中要次 (『疾風ロンド』)
伊勢谷友介 (『新宿スワン』)
木野花 (『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』)

【キャストコメント】
■ 安田顕(主演・岩男役)
試写を観た後、立ち上がれなくなりました。マイク・タイソンに思いっきり殴られた感じで、何なんだこの衝撃は、って。大いに期待してもらっていいし、たくさんの人に見てほしいけど、覚悟して観たほうがいいということは、お伝えしておきます。とりあえずすぐ2回目は観たくないと思ってしまうほど、人間の見たくないところ、痛いところをえぐってえぐって、えぐりまくる映画になってます。

■ 吉田恵輔監督
これでもかって勢いで全てを放出した作品。熱量、美しさ、苛立ち、愛おしさ、感情が喧嘩しながら最後に融合する。最愛の原作を最高の形で映画に出来たと自画自賛!頼むから観てほしい。

■ 新井英樹(原作)
愛なんて誰か見たことあるの?
なぜ人は気軽に鵜呑みに信仰するのか手探りで否定し尽くして残ったもの・ことを呼びたきゃ(仮)に愛とつぶやこうと思って描いた原作がボクの『アイリーン』でした実写版、大傑作です!!吉田恵輔監督が安田顕さん木野花さん天才女優ナッツ・シトイさんがゴツゴツとした繊細な愛を叫んでくれました!!

泣ける!満足!は保証します。
でも、きっと、それ以上のなにかを渡されます!!
胸にしまって持ち帰ってください!!

■ 木野花(ツル役)
原作を読んだ時、身体が壊れるなと思いました。これは厳しい現場になるなと覚悟もしました。しかし現実は予想を超えて厳しく、猛暑の中のアクション、豪雪の雪山、過激な天候に翻弄されながら、撮影は、原作の見えない力に引っ張られるように、熱に浮かされるように猛進して行きました。その熱は確かにスクリーンから放出し、自分が出ているのに、こんなに心が動かされていいのだろうかと動揺しました。思わず、たくさんの人に観て欲しいと願ってしまいました。

■ ナッツ・シトイ(アイリーン役)
海外での仕事は私にとって初めての経験で、とてもチャレンジングな事でした。夏と冬という正反対の季節での撮影も初めての経験でした。雪の中での撮影も、海外の俳優陣やスタッフとの撮影もそうです。この映画に参加出来たことを大変嬉しく思います。皆さんとても親切で、気のおけない方たちでした。簡単な事ではありませんでしたが、貴重な経験をさせて頂きました。私たちは皆、この映画を完成させるために努力しました。皆さんに楽しんで頂けると嬉しいです。


監督・脚本:吉田恵輔(※吉は土よし)
原作:新井英樹「愛しのアイリーン」(太田出版刊)
音楽:ウォン・ウィンツァン
主題歌:奇妙礼太郎「水面の輪舞曲(ロンド)」
(WARNER MUSIC JAPAN/HIP LAND MUSIC CORPORATION)

企画・製作:河村光庸
製作:瀬井哲也 宮崎伸夫
エグゼクティヴ・プロデューサー:河村光庸 岡本東郎
プロデューサー:佐藤順子 行実良 飯田雅裕
製作幹事:VAP
企画・制作・配給:スターサンズ
制作協力プロダクション:SS工房

■ コピーライト
© 2018「愛しのアイリーン」フィルムパートナーズ(VAP/スターサンズ/朝日新聞社)

■ レイティング
R15+




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  2. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  3. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  4. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  5. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  6. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  7. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る