dTV「LOUD」日本人参加者が大躍進!脱落候補から1位に返り咲き!配信中の5話ダイジェスト&6話の先行カット解禁

“JYPラウンド”で日本人参加者が大躍進!
脱落候補から1位に返り咲き!このままデビューまっしぐら!?
配信中の第5話のダイジェスト映像&今週末配信の第6話の先行カット解禁

映像配信サービス「dTV®」はこの度、JYPエンターテインメントの代表パク・ジニョン(J.Y. Park)とP NATIONの代表PSYの2人がプロデュースを務め、次世代ボーイズグループを誕生させる超・大型オーディション番組「LOUD」(読み:ラウド)を日本独占配信いたします。「LOUD」は韓国地上波放送局SBSにて2021年6月5日(土)より放送中で、全15回の放送を予定。dTVでは毎週土曜午前0時に1話ずつ配信。なお第1話はdTVと番組公式YouTubeチャンネルにて無料で公開中で、dTV会員の方以外もお楽しみいただけます。

総勢73人による熾烈な生存サバイバル!2つのボーイズグループ誕生までの軌跡を描く

参加するのは「2000年1月1日以降に生まれた男性」という応募条件の下、6名の日本人を含む各国から集まった総勢73名。国籍も背景も異なる個性的な挑戦者たちが、プロデューサーの合格を勝ち取り、最終ステージまで進んだ挑戦者の中から、JYPエンターテインメントのグループ1組とP NATIONのグループ1組、計2組のボーイズグループとしてデビューするまでの軌跡を描きます。「Nizi Project」のJ.Y.Parkと「江南スタイル」のPSYという日本でもお馴染みのプロデューサーたちが、互いに牽制しながら目の前の才能に自ら売り込むなど、場外バトルの行方も必見!

第3ラウンドの“JYPラウンド”では脱落候補の日本人参加者が1位の座をゲット!?

この度、現在配信中の最新話5話のダイジェスト映像と、今週末7月31日(土)午前0時からdTVにて独占配信される第6話の先行カットを解禁!第6話ではJ.Y.Park自身が<デビューメンバー決めるなら誰を選ぶのか、選ぶ可能性が低い者は誰なのか>という基準の下、参加者を審査する3ラウンド。第6話では特にダンスの得意なメンバーによる【ダンス創作組】とダンス・ボーカルのどちらも担う【アイドル組】のステージが繰り広げられた。

先に行われた【ダンス創作組】のステージで日本人参加者で最初に登場したのは、小さな体から繰り出されるパワフルなダンスで注目を集めているコウキ率いる「ヤングマウンテン」チーム。課題曲であるEXOの「Obsession」の歌詞から“アイドルを目指す少年の夢の中に現れた天使と悪魔”というコンセプトを創作し、コウキは他のメンバーより年下ながら、豊富な舞台経験を活かした振付も率先して担当。表情のひとつひとつまで作りこみ、PSYからも「ダンスだけじゃなく、天使と悪魔を振り払う時の表情は圧巻でした」と評され、改めて実力を見せつけた。
次に登場したのは前回の第2ラウンドでは脱落候補に入ってしまったケイジュ擁する「ヨンケダム」チーム。得意なダンスのジャンルが違うチームの3人はBluetoothをテーマにした各々の個性が活きるステージを構成。ステージが終わるとケイジュはJ.Y.Parkから「表情だけでなく本当に余裕があった。それなのに動きが大きいし正確。ここまで踊れるのは驚きです」と基本的なダンススキルを評価されるだけでなく、中間発表時にケイジュにだけあえてアドバイスしなかったのは、J.Y.Parkの愛弟子でもあるRain(ピ)を例に挙げ、「あまりにスター性があって、多才だったから怠惰になったり油断したりすると困ると思って褒められなかった」と語り、「ダンスの実力というより“スターが現れた”という感じでした」ケイジュの持つ唯一無二の魅力を絶賛。そのまま「すぐにデビューするグループを作るなら誰を選ぶか」と前置きした上で、ケイジュをその時点の1位の席に座らせ、脱落候補からの驚きのステップアップでデビューに弾みをつけた。


ダンス創作組のラストは他のチームから最も恐れられていた、日本人のハルト始め、柔軟性に富んだクラシックダンスが得意なメンバーが集まった「100℃」チーム。彼らの課題曲はJ.Y.Parkが2019年にリリースした「FEVER」。ミュージカルのような特徴的なリズムを持つこの曲を、線を揃えて美しく踊った3人に中間発表時のJ.Y.Parkは「心配だったけど、一番いいと思う。特に指摘するところがない!」と曲との相性・チームワークもぴったりだと賞賛。本番のステージでも「観客の胸を躍らせるという意味ではトップでした」と中間発表以上の高評価を得て、最後の最後まで順位の変動が起こる波乱を巻き起こした。

エース候補揃いの【アイドル組】からは明るい笑顔が魅力のエース候補・アマル率いる「国代ボイス」チームが参戦!大人の恋愛ソングであるiKONの「AIRPLANE」のラップ部分を自作して披露する上で、PSYから片思いの経験を聞かれたアマルが苦笑いしながら話し出すのをJ.Y.Parkが制止するという可愛らしいやりとりもあったが、その確かな実力を発揮した安定感のあるステージに、両プロデューサーは確かな実力だけでなく作詞の才能もあると賞賛。しかしながら、J.Y.Parkから「エースになって欲しい」と期待をかけられるアマルだからこそ、 第1ラウンドから継続して指摘されている「実力は見えるがアマルらしさが見えない」という点では心配を残す結果になり、厳しい言葉に思わず表情が曇る場面も…。

最後の最後まで誰が通過するのか分からない熾烈な王座争奪戦を制するのは一体誰なのか!?次々とハイクオリティなパフォーマンスが飛び出す「LOUD」第6話は7月31日(土)午前0時より、dTVにて独占配信。

各話ダイジェスト映像&挑戦者のパフォーマンス映像クリップも公開中

日本版の各話ダイジェスト映像(毎週水曜日公開予定)と挑戦者のパフォーマンスを抜き出したクリップ映像(毎週土曜午前0時の各話配信時間に合わせて公開予定)を番組公式YouTubeチャンネルで公開中。初回のダイジェスト映像では、J.Y.Parkが、一言では整理できない”芸術”というものを自分自身で表現する人を探すために、見えない部分を見せてくれ、叫んでくれという想いを込めて、本番組のタイトルを「LOUD」と名付けたと語り、それを体現する挑戦者が続々登場するなど見所充分の内容です。盛り上がりを見せる「LOUD」の今後の配信にもご注目ください!

『LOUD』第5話ダイジェスト映像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  2. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  5. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る