SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 全ラインナップ発表!! 7/13(金)~22(日)開催!!上映映画一覧をご紹介

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 全ラインナップ発表!! 7/13(金)~22(日)開催!!
Pocket
LINEで送る

★オープニング上映では、地元・川口市が製作した『君がまた走り出すとき』をワールド・プレミア!
★メインとなる「コンペティション」は規約も新たにリニューアル!国際コンペティションでは、過去最多の98の国・地域からエントリー!映画界の未来を担う新鋭たちが手掛けた、国際コンペティション10本、国内コンペティション 長編部門4本、短編部門9本の野心作を上映!
★“15周年特別企画”と題し、埼玉県出身監督にスポットを当てた「飛翔する監督たち from SAITAMA」、古今東西の名匠を追ったドキュメンタリー特集「名匠たちの軌跡」、大人から子どもまで楽しめる「怪盗グルーシリーズ一挙上映」の3企画を開催!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 全ラインナップ発表!! 7/13(金)~22(日)開催!!

【ニュース】
世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスし、次代を担う若手映像クリエイターの登竜門として2004年にスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、これまで、カンヌ映画祭で3冠に輝いたトルコの巨匠ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督を日本でいち早く紹介し、日本人監督においても、白石和彌監督(『孤狼の血』)、中野量太監督(『湯を沸かすほどの熱い愛』)をはじめ多数の若手監督が本映画祭をきっかけに羽ばたいていきました。そして来る7月13日(金)~22日(日)の10日間、本映画祭は節目となる15回目の開催を迎えます。本日6月4日(月)、都道府県会館(東京・永田町)にて記者発表を行い、オープニング作品、国際コンペティション、国内コンペティションのノミネート作品、15周年特別企画をはじめとする全上映ラインナップを発表いたしました。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 全ラインナップ発表!! 7/13(金)~22(日)開催!!

オープニング作品は、地元・川口市が製作した新作映画『君がまた走り出すとき』を上映!

15年目を迎える節目の年を記念して、今年のオープニング作品は開催地・川口市が製作!市内各所で撮影が行われ、約300人の市民がエキストラとして参加した、まさに“地域参加型映画”のワールド・プレミア上映で幕を明けます。監督を務めたのは、短編『母との旅』『エンドロールを撮りに』が評価された新鋭・中泉裕矢。日本人男性で初めて世界6大マラソンを走破した市民ランナー・古市武さん(川口市在住)の生き様に触発され、マラソンを通じて人生を見つめ直す人々の姿を描いた本作。若手注目株の寛 一 郎を主演に迎え、山下リオ、菜 葉 菜、辻本祐樹らフレッシュな面々と、長谷川初範、浅田美代子、松原智恵子らベテラン陣が脇を固めています。

【オープニング作品】
君がまた走り出すとき
監督:中泉裕矢
出演:寛 一 郎 山下リオ 菜 葉 菜 辻本祐樹 綱島恵里香 安居剣一郎 ・ 長谷川初範 浅田美代子 ・ 松原智恵子
製作:川口市
特別協力:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
<2018年/日本>
©2018 川口市

【飛翔する監督たち from SAITAMA】
いま、日本映画界が期待を寄せる埼玉県出身の4監督を特集!

現在、日本映画界の第一線では、埼玉県出身の監督が多数活躍しています。本企画ではその中から、石井裕也監督、入江悠監督、沖田修一監督、𠮷𠮷田恵輔監督にスポットを当て、彼らの話題作を特集!第91回キネマ旬報ベスト・テン日本映画ベスト・テン第1位に輝いた、石井裕也監督の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』、興行収入24億円を突破した、入江悠監督の大ヒット作『22年目の告白―私が殺人犯ですー』、第56回ブルーリボン賞作品賞ほか数々の映画賞に輝いた、沖田修一監督による青春映画の金字塔『横道世之介』、映画ファンから熱い支持を受ける𠮷𠮷田恵輔監督がその手腕を遺憾なく発揮した『犬猿』の4作品を上映します。今後の日本映画を牽引していくであろうこと間違いなしの才能に、地元・埼玉県の映画祭からエールを贈ります!!

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ
THE TOKYO NIGHT SKY IS ALWAYS THE DENSEST SHADE OF BLUE
監督:石井裕也
出演:石橋静河、池松壮亮、松田龍平
配給:東京テアトル、リトルモア
<2017年/日本/108分>
©2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

22年目の告白―私が殺人犯です―
Memoirs of a Murderer
監督:入江悠
出演:藤原竜也、伊藤英明、仲村トオル
配給:ワーナー・ブラザース映画
<2017年/日本/117分>
© 2017 映画「22年目の告白-私が殺人犯です-」製作委員会

横道世之介
A Story of Yonosuke
監督:沖田修一
出演:高良健吾、吉高由里子、池松壮亮、伊藤歩、綾野剛
配給:ショウゲート
<2012年/日本/160分>
© 2013「横道世之介」製作委員会

犬猿
THICKER THAN WATER
監督:𠮷田恵輔
出演:窪田正孝、新井浩文、江上敬子、筧美和子
配給:東京テアトル
<2017年/日本/103分>
© 2018「犬猿」製作委員会

【名匠たちの軌跡】
映画史に名を刻む巨匠、黒澤明、ホウ・シャオシェン、エドワード・ヤン、ミヒャエル・ハネケの映画術に迫った貴重なドキュメンタリーを無料上映!

日本のみならず世界を代表する映画監督の一人である黒澤明、台湾映画界を代表する双璧として映画史に名を刻むホウ・シャオシェンとエドワード・ヤン。そしてカンヌ映画祭で2作連続パルム・ドール受賞の快挙を達成した、現代を代表する名匠ミヒャエル・ハネケ。本企画では、彼らに密着した貴重映像やインタビューを通して浮かび上がる、それぞれの哲学や垣間見える素顔を捉えたドキュメンタリー作品を特集、「映画監督とは何か?」を考察します。

フランスの映像作家クリス・マルケルが『乱』のメイキング・ドキュメンタリーとして制作した『A.K. ドキュメント黒澤明』、先日のカンヌ映画祭で日本人として21年ぶりのパルム・ドールに輝いた是枝裕和監督が、自身も敬愛してやまないと公言するホウ・シャオシェンとエドワード・ヤンを追った『映画が時代を写す時―侯孝賢とエドワード・ヤン』、イザベル・ユペールやジュリエット・ビノシュら、ハネケのミューズたちへのインタビューに加え、ハネケの映画理論や演出術を10年にわたり密着した『ドキュメンタリー:映画監督ミヒャエル・ハネケ』という、日本ではほとんど劇場で上映されていない貴重なドキュメンタリーを、なんと無料上映!!今後もおそらくスクリーンで鑑賞できる機会はほぼないであろう、映画ファン必見の企画です!

A.K. ドキュメント黒澤明
A.K.
監督:クリス・マルケル
ナレーション:蓮實重彦
提供:アスミック・エース
<1985年/フランス、日本/74分>
©2003パリ・グリニッチ・フィルム社/アスミック・エース㈱

映画が時代を写す時-侯孝賢とエドワード・ヤン
When Cinema Reflects the Times—Hou Hsiao-Hsien and Edward Yang
監督:是枝裕和
提供:テレビマンユニオン
<1993年/日本/47分>

ドキュメンタリー:映画監督ミヒャエル・ハネケ
Michael H. Profession: Director
監督:イブ・モンマユール
提供:WILDart FILM
協力:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム
<2013年/オーストリア、フランス/90分>
© Yves Montmayeur / WILDart FILM

【怪盗グルーシリーズ一挙上映】
大人から子どもまで、映画祭で映画をもっと身近に楽しもう!

世界的大ヒットアニメ「怪盗グルー」シリーズ!本企画では『怪盗グルーの月泥棒』『怪盗グルーのミニオン危機一発』『怪盗グルーのミニオン大脱走』を上映!“映画祭で映画を観る”楽しさを、大人から子どもまで一緒に堪能できるプログラムです!

怪盗グルーの月泥棒
<2010年/アメリカ/95分>
© 2010 Universal Studios. All Rights Reserved.

怪盗グルーのミニオン危機一発
<2013年/アメリカ/98分>
© 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.

怪盗グルーのミニオン大脱走
<2017年/アメリカ/90分>
© 2013 Universal Studios. All Rights Reserved.

【国際コンペティション ノミネート作品】

ダーリンの憂い
監督:ビアギッテ・スターモス
出演:ダニカ・クルチッチ、グスタフ・スカルスガルド、ウルリク・トムセン、アストリッド・グラルップ・エルボ
<2017年/デンマーク、スウェーデン/101分>
©Zentropa Production

ブリス、マイ・スウィート・ホーム
監督:ナウルズ・パギドポン
<2017年/フィリピン、韓国/74分>
©PananawStudio

最後の息子
監督:シン・ドンソク
出演:チェ・ムソン、キム・ヨジン、ソン・ユビン
<2017年/韓国/124分>
© an ATO production

ザ・ラスト・スーツ(仮題)
監督:パブロ・ソラルス
出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、ナタリア・ベルベケ、フリア・ベールホルド、オルガ・ボラス
<2017年/スペイン、アルゼンチン/86分>
© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A.

スポットライト
監督:キリル・プレトニョフ
出演:インガ・オゴルディナ、ヴィクトリア・イサコヴァ、ウラジミール・イリン、アンナ・ウコロワ、アレクセイ・シェフチェンコフ、エカテリーナ・アギーヴァ
<2017年/ロシア/97分>

ナンシー
監督:クリスティーナ・チョウ
出演:アンドレア・ライズボロー、J・スミス=キャメロン、スティーヴ・ブシェミ、アン・ダウド、ジョン・レグイザモ
<2018年/アメリカ/86分>

彼女はひとり
監督:中川奈月
出演:福永朱梨、金井浩人、美知枝、山中アラタ、中村優里、三坂知絵子、櫻井保幸、榮林桃伽、堀春菜、田中一平
<2018年/日本/60分>
©彼女はひとり

ザ・スワン
監督:アウサ・ベルガ・ヒョールレーフズドッテル
出演:グリーマ・ヴァールズドッテル、ソウルワルドゥル・ダヴィズ・クリスティアンソン、スリズゥル・ブライル・ヨハンズドッテル、イングヴァール・E.・シーグルズソン、カトラ・マルグレット・ソウルゲルズドッテル
<2017年/アイスランド、ドイツ、エストニア/91分>

あの木が邪魔で
監督:ハーフシュテイン・グンナル・シーグルズソン
出演:ステインソウル・フロアル・ステインソウルソン、エッダ・ビヨルグヴィンズドッテル、シグルズール・シーグルヨンソン、ラウラ・ヨハナ・ヨンズドッテル、ソウルステイン・バックマン、セルマ・ビヨルンズドッテル、ドーラ・ヨハンズドッテル、シグリズール・シグルパウルズドッテル・シュケーヴィング
<2017年/アイスランド、デンマーク、ポーランド、ドイツ/89分>

招かれざる者
監督:エドン・リズヴァノリ
出演:アドリアナ・マトシェ、ジェイソン・デ・リダー、ニキ・フェルカール、エドン・リズヴァノリ
<2017年/コソボ、オランダ/85分>
© Asfaltfilms 2017

【国内コンペティション(長編部門) ノミネート作品】

日本映画の未来を担う才能の発掘を目的とする「国内コンペティション」では、長編部門には、若手人気俳優の芋生悠、中山優輝主演の青春映画『あの群青の向こうへ』、松浦祐也(『ローリング』)と和田光沙(『菊とギロチン』)が底辺で必死に生きる兄妹を体当たりで演じた『岬の兄妹』の2作品がワールド・プレミア!さらに池内万作主演のハードボイルドな復讐劇『キュクロプス』、山田キヌヲ、韓英恵、川瀬陽太といった現在の日本のインディペンデント映画に欠かせない実力派俳優たちが勢揃いした『情操家族』の4本がノミネート!

短編部門では、アニメーション作品『Birth-おどるいのち-』や、俳優の板垣雄亮が舞台脚本を映画化した初監督作品『はりこみ』、ジョン・ウー監督の『マンハント』にも出演したアクション女優・屋敷紘子が主演を務め、こじらせ女子の奮闘を描くコメディ『予定は未定』、ピンサロで働く女性と殴られ屋の男のひと時の邂逅を綴る『口と拳』、佐伯亮、大原櫻子(林田さくらこ名義での出演)主演の、落ち目タレントと新人マネージャーのドタバタ・エンターテインメント『ふっかつのじゅもん』など、エネルギー漲る若手監督たちによる、多種多様な作風の9作品がノミネートしました!

あの群青の向こうへ
監督:廣賢一郎
出演:芋生悠、中山優輝、瀬戸かほ、斎藤友香莉、合アレン、ひと:みちゃん、大口彰子、鈴木ただし
<2018年/日本/96分>

キュクロプス
監督:大庭功睦
出演:池内万作、斉藤悠、佐藤貢三、あこ、杉山ひこひこ
<2018年/日本/108分>
©大庭功睦

情操家族
監督:竹林宏之
出演:山田キヌヲ、韓英恵、遠藤史人、松田北斗、川瀬陽太、柳谷一成、諏訪敦彦
<2017年/日本/83分>
©東京藝術大学大学院映像研究科

岬の兄妹
監督:片山慎三
出演:松浦祐也、和田光沙、北山雅康、岩谷健司、中村祐太郎、風祭ゆき
<2018年/日本/89分>

【国内コンペティション(短編部門) ノミネート作品】

Birth-おどるいのち-
監督:若見ありさ、池田爆発郎、大橋弘典
声の出演:浜辺夏帆、池田爆発郎、岸本鮎佳
<2017年/日本/28分>
©CHILD POKKE

ヴィニルと烏
監督:横田光亮
出演:横田光亮、宮田佳典、井口理、守谷周人、野島健矢、八坂直也、梶山里緒
<2018年/日本/31分>

予定は未定
監督:磯部鉄平
出演:屋敷紘子、辰寿広美、南羽真里、時光陸、白井宏幸、土佐和成、山中アラタ
<2018年/日本/27分>
©belly roll film/ RECIPRO

口と拳
監督:溝口道勇
出演:髙木千花、塩川フレディ、いいぐちみほ、深沢謙司、さとし、道廣オリヴィエ一真
<2017年/日本/49分>
©Michihaya Mizoguchi


監督:川野邉修一
出演:日高七海、加藤園子、板倉奈津子、小田篤、森田ひかり、小倉詩歩
<2017年/日本/27分>

あいつは、いつも寝てる。
監督:樽井隆広
出演:岡田菜見、魚住昇矢、小縄優羅、水俣俊博、田中和弘
<2017年/日本/27分>

はりこみ
監督:板垣雄亮
出演:池田香織、鳥谷宏之、板垣雄亮、鶴町憲
<2017年/日本/28分>
©FUNNY FOR

東京彗星
監督:洞内広樹
出演:大西利空、篠田諒、榎本”CHAMP”光永
<2017年/日本/29分>
©MOON CINEMA PROJECT

ふっかつのじゅもん
監督:白井太郎
出演:佐伯亮、林田さくらこ、豊原功補(特別出演)、黒島結菜、大西利空
<2017年/日本/30分>
©Taro Shirai

毎年恒例のバリアフリー上映では、大ヒット作『8年越しの花嫁 奇跡の実話』を上映!
そのほか「ママ・シアター」 「VR上映」など関連企画も盛りだくさん!

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭では、コンペティション、特集企画以外にも多彩なプログラムが盛りだくさん!毎年恒例のバリアフリー上映では、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』を、日本語字幕・音声ガイド(UDCast方式)で上映!そのほか、関連企画として、授乳施設も完備し、ベビーカーのまま入場可能な「ママ・シアター」では大ヒットロングランを記録したドキュメンタリー『人生フルーツ』を上映。

さらに昨年大好評だった「VR上映」では、大学の航空部を舞台にした青春漫画「ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-」をVRで実写化した『ブルーサーマルVR -はじまりの空-』と、ウルトラマンゼロのVR版『ウルトラマンゼロVR 大都会の戦慄 エレキング対ゼロ』を上映します!ほかにもSKIPシティを中心に活動するクリエイターが制作した作品を上映する「メイド・インSKIPシティ」や、子どもたちが「カメラクレヨン~子どもたちが作った映画が、いま面白い!~」など多数の企画が開催されます!

8年越しの花嫁 奇跡の実話
監督:瀬々敬久
出演:佐藤健、土屋太鳳、北村一輝、浜野健太、中村ゆり、堀部圭亮、古舘寛治、杉本哲太、薬師丸ひろ子
配給:松竹
<2017年/日本/119分>
©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

人生フルーツ
監督:伏原健之
ナレーション:樹木希林
配給:東海テレビ放送
<2016年/日本/91分>
©東海テレビ放送

ブルーサーマルVR-はじまりの空-
<2018年/日本/12分>
監督:上田慎一郎
出演:小野花梨、水石亜飛夢、田中偉登
製作:埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
©小沢かな・新潮社/埼玉県/ SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ

ウルトラマンゼロVR 大都会の戦慄 エレキング対ゼロ
<2017年/日本/6分>
監督:田口清隆
製作:円谷プロダクション、ポニーキャニオン、eje
©円谷プロ / ©ウルトラマンゼロVR制作委員会


SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018(第15回)開催概要
■ 会期:2018年7月13日(金)~22日(日) <10日間>
■ 会場:SKIPシティ 映像ホール/多目的ホール、MOVIX川口 (埼玉県川口市) ほか
■ 主催:埼玉県、川口市、SKIPシティ国際映画祭実行委員会、特定非営利活動法人さいたま映像ボランティアの会
■ 公式サイト:www.skipcity-dcf.jp






SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018 全ラインナップ発表!! 7/13(金)~22(日)開催!!

関連記事

コメントは利用できません。

『子どもが教えてくれたこと』

注目映画

  1. 映画『リズと青い鳥』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【イントロダクション】 少女の儚く、そして強く輝く、美しい一瞬を――。 高校生の青春を描いた武田…
  2. 映画『レディ・プレイヤー1』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 誰もが知る大人気シリーズ『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ジュラシック・パーク』『…
  3. 映画『ミスミソウ』押切蓮介代表作、伝説のコミックを実写映画化 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    私は、家族を焼き殺された。 卒業まであと2ヶ月、私ね、人を殺したの。 【イントロダクション】 …
  4. ■ ストーリー 錆びついた漁船が停泊するひなびた漁港。路地裏の一角でひっそり営む居酒屋「ゼニガタ」…
  5. スリー・ビルボード 映画予告動画あらすじとストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 第74回ヴェネチア映画祭脚本賞&トロント映画祭観客賞受賞!アカデミー賞受賞監督が、オ…
  6. 映画『グレイテスト・ショーマン』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    【作品紹介】 ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る映画史上最高にロマンティッ…
  7. 映画『ダンガル きっと、つよくなる』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    「神がかって面白い!」「オールタイムBEST1!」「嗚咽がとまらない!」 インド映画の世界興収№1…

予告編 夜間もやってる保育園

予告篇 ワンダーウーマン

予告編 あしたは最高のはじまり

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る