『映画 太陽の子』文部科学省選定作品決定!デジタルハリウッド大学大学院トークイベント

『映画 太陽の子』×デジタルハリウッド大学大学院

7月31日(土)開催、公開記念トークイベント

主演・柳楽優弥有村架純三浦春馬の豪華共演で、”日本の原爆研究”を背景に、若者たちの決意と揺れる想いを描いた青春グラフィティ『映画 太陽の子』が8月6日(金)より公開となる。7月31日(土)にはデジタルハリウッド大学大学院で公開記念トークイベントが開催され、黒崎博監督、プロデューサーの森コウ、デジタルハリウッド大学大学院准教授の落合賢准教授が登壇。本作の映像を交えながら、製作者目線で映画の裏側を語り合った。

日米共同製作となる本作。『ジョン・ウィック:チャプター2』のピーター・ストーメアが声の出演を果たしているほか、音楽やカラー調整などにはハリウッドのスタッフも参加している。森は「日米、それぞれのよさを作品に活かせた」と日本とアメリカのスタッフによる共同作業に手応えを感じているといい、黒崎監督も「あらゆる発見があった」と話す。
『映画 太陽の子』×デジタルハリウッド大学大学院
太平洋戦争末期を舞台としながらも、「“戦争に勝ったアメリカ”、“戦争に負けた日本”という、勝者と敗者の物語にしたくなかった。この人が間違っている、この人が正しいという話でもない。一人一人が矛盾をはらんでいるし、正しい瞬間もあれば、間違っている瞬間もある。それが人間なのかなと思うし、そういう物語を描きたいと思っていた」という黒崎監督は、脚本開発の段階を振り返り「日本人の僕が戦争の物語を作るにあたって、アメリカ側のスタッフとどのようなやり取りがあったのか、興味のある方も多いと思う」とコメント。

「僕が脚本を書き、それをアメリカのスタッフが読んで、いろいろなセッションをした。印象的だったのが、日本人はどこかで『戦争に勝てるわけがない』とわかっていながら、ずっと戦争を継続していた。僕はそれを当たり前のこととして書いていたけれど、アメリカのスタッフから見ると『なぜ日本人は、そんな不合理なことを続けたのかわからない』というんです。日本人だったら当たり前だと思っていることが、決して当たり前ではない。それは事実だから変えようがないんだけれど、だからこそ『その時の不条理な感情をきちんと伝えなければいけないんだ』と気がついた。更に丁寧に心理描写を描こうと思った」とアメリカ側の視点を取り入れることで、より深く心理描写を掘り下げることができたという。

また音楽は『愛を読むひと』でアカデミー賞にもノミネートされたニコ・ミューリーが担当している。黒崎監督は「絶対にニコ・ミューリーさんにお願いしたいと思った」そうだが、「ニコさんはニューヨークを拠点にしている。日本とアメリカで離れているので、最初はオンラインでやり取りをしていた。これぞというところになかなか辿り着かなくて、もどかしい時期もあった」という。そこでニューヨークへと赴き、目と目を合わせてやり取りをしたところ、「ニコさんも『監督の意図がクリアにわかった』と言って、即興で弾いてみせてくれた。一晩で何曲も書き上げてくれた」とスムーズに曲作りが進んだと語る。森も「やり取りの密度、彼の曲作りの速さ、監督の気持ちの伝え方、すべてがうまくいった。対面したことで、監督の熱量が伝わった。人間のコミュニケーションって、そういうものなんだなと思った」と高みを目指したセッションができたと回想していた。
『映画 太陽の子』×デジタルハリウッド大学大学院

日本とアメリカ、それぞれのスタッフと力を合わせて映画作りに挑んだ本作だが、黒崎監督は「文化の違いがポジティブに響くところが多かった。いろいろな視点を感じられて、面白かった」としみじみ。続けて3人ともが、“ものづくり”への情熱という面では、人種の違いは感じないと声を揃えた。自らも監督として活動する落合も「いろいろな国の方と働くと、結局は個人それぞれの違いがあるだけだと感じる」とうなずき、森も「日米関係なく、監督がやりたいものを強く伝えると、みんなそれに応えてくれる。結局は、人と人のやり取り。情熱があって何を作りたいかというビジョンがクリアであれば、必ず達成できる」、黒崎監督も「どこの国の人かということは、最終的に関係なくなる。それぞれのセクションの熱量が、フィルムの中に投影されていく」とコラボレーションの醍醐味をたっぷりと味わった様子だ。
『映画 太陽の子』×デジタルハリウッド大学大学院
役者陣に関する裏話も、数々飛び出したこの日。劇中では、原子核爆弾の研究開発を進める若き科学者の石村修を柳楽、修と彼の弟の幼なじみの朝倉世津を有村が、戦地へ向かう裕之を三浦が演じているが、キャスティング秘話について、黒崎監督はこう打ち明けた。「主人公の修はとても難しい役どころ。根は優しいけれど、ある瞬間、一線を踏み越えてしまう狂気がある。その心理を表現できる人としてパッと思い浮かんだのが、柳楽さん」と告白。構想に10年かかっている本作だけに、本格的に制作を進められると決定するまでには、かなりの時間を要したようだが、黒崎監督は「制作のゴーサインが出る前から、柳楽さんに脚本を渡して『ぜひやってもらいたい』と告げていた」とのこと。「柳楽さんも、すごく早いタイミングで『絶対やりましょう』と言ってくれた。春馬くんも有村さんも同じ。『この人にお願いしたい』という自分の中に浮かんだイメージを抑えられず、最終的なゴーサインが出る前に『ぜひ一緒にやりたい』とオファーをした。そして逆にキャストから『作らなきゃダメですよ』と背中を押されたという。

2020年8月15日に放送されたドラマとは、また異なる視点でつづられる本作。黒崎監督は「テレビドラマ版は家族の視点から描いた。映画は、科学者の視点から光を当てている。同じテーマでも味わいの違うものが映画として仕上がっているので、その点も観ていただけたらうれしい」とアピールしていた。

実際に撮影が始まると、想定以上に「手持ちカメラで、どんどん(役者陣を)追いかけていくというシーンが増えた」と明かす黒崎監督。「柳楽くん、有村さん、春馬くんは、青春時代を演じているから、どんどん気持ちが前に出てくるような、アクティブなお芝居をしてくれた。それを切り取ることになるので、カメラは“付いていく”という撮り方が増えていったように思います。途中からドキュメンタリーを撮っているような空気があった」と役者たちからほとばしる熱量に驚き、有村演じる世津が工場で火をくべるシーンのメイキング映像が会場に流されると、森は「有村さんは、すごくストイックな役者さん。火を焚いている室内が息苦しくて、ものすごく暑い。でも有村さんは顔色も変えずに、何度もトライする。本当にすごい役者さん」と惚れ惚れとしていた。届けられる本作、ぜひ今夏、スクリーンで鑑賞してほしい。

また、このたび『映画 太陽の子』が、文部科学省選定作品に決定!教育上価値が高く、学校教育又は社会教育に広く利用されることが適当と認められた作品に与えられる認定だ。知らせを受けた森プロデューサーも、「親子でも、祖父母とお孫さん同士でも、若い年齢層の方にも観てもらえるように、と思っていたので、選定されて嬉しい」とコメント。「<少年向き、青年向き、成人向き、家庭向き>という選定対象になっていて、全世代に押してくれた」と、キャスト陣も前に進む力をくれたと話す。 
『映画 太陽の子』×デジタルハリウッド大学大学院

あらすじ

戦況が激化し、最終局面を迎えた1945年の夏。軍から密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、「今研究しているものが完成すれば、戦争は終わる。世界を変えられる」と、託された国の未来のために情熱的に原子核爆弾の研究開発を進めていた。

研究に没頭する日々が続く中、建物疎開で家を失い、修の家に住むことになった幼馴染の朝倉世津(有村架純)。時を同じく、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰宅し、3人は久しぶりの再会を喜んだ。3人でのひとときの幸せな時が流れる中、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見た修と世津。

一方で物理学研究の楽しさに魅了されていた修も、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。

日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とはーー?

キャスト

柳楽優弥 有村架純 
三浦春馬 イッセー尾形 
山本晋也 ピーター・ストーメア

三浦誠己 宇野祥平 
尾上寛之 渡辺大知 
葉山奨之 奥野瑛太 

土居志央梨 國村隼 
田中裕子

監督・脚本

黒崎博

音楽

ニコ・ミューリー

プロデューサー:コウ・モリ 土屋勝裕 浜野高宏 
制作:KOMODO PRODUCTIONS

配給:イオンエンターテイメント
製作:「太陽の子」フィルムパートナーズ
Presented by ELEVEN ARTS STUDIOS / NHK
©2021 ELEVEN ARTS STUDIOS / 「太陽の子」フィルムパートナーズ

8月6日(金)、全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  2. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  6. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る