映画『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』木村カエラの新曲「ちいさな英雄」が決定!!

映画『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』木村カエラの新曲「ちいさな英雄」をお披露目!!
Pocket
LINEで送る

木村カエラ、新曲「ちいさな英雄」楽曲を発表!遂に映画予告編公開!『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』が初お目見え!
【ニュース】
子どものころからアニメーション作品と親しみ、子供から大人までが楽しめるアニメーション映画とのタッグを熱望、木村カエラの念願の楽曲提供となった。米林宏昌監督をはじめとするジブリ出身の3人の監督が新天地スタジオポノックで作品を制作するにあたり、映画チーム協力のもと楽曲のイメージをつくりながら、入念な打ち合わせの中で5月より制作がスタート。楽曲の中では懸命に生きる子ども、そして彼らを温かくみつめる大人の目線、感情が相互に入れ替わり、軽やかに飛び越えていく楽曲となっています。

映画『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』木村カエラの新曲「ちいさな英雄」をお披露目!!

サウンドプロデュースでは、木村カエラと数々の楽曲でタッグを組み、「TREE CLIMBERS」や「Ring a Ding Dong」など、キャッチーかつエッジの効いたサウンドを生み出してきたASPARAGUS渡邊忍が約4年ぶりに参加。また、最新ビジュアルはは、カメラマンにデヴィッド・ボウイやYMOなど数々のロックアーティストをみつめてきた鋤田正義氏を迎え、撮影が行われた。木村カエラのストレンジ&エッジな世界が広がる、新しいユニークな作品が公開!

夏本番を牽引するにふさわしく、爽快で伸びやかに木村カエラが歌い上げる楽曲「ちいさな英雄」が本編のエンディングテーマとして誕生。劇場公開より一足早く映画の予告編にてエンディングテーマがお披露目になりました!

「メアリと魔女の花」の米林宏昌監督の自身初となるオリジナルストーリーとなるカニの兄弟の大冒険ファンタジー「カニーニとカニーノ」。高畑勲監督の右腕として活躍してきた鬼才・百瀬義行監督による、実話をもとに描いた母と少年の愛と感動の人間ドラマ「サムライエッグ」。宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる「透明人間」。兄と弟の勇気、母と子の絆、そしてたったひとりの闘い。小さな涙と優しさは、3つの物語を通して、やがて大きな強さとなっていく―。

愛と感動のエンターテインメント、ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』、ぜひご期待ください!
■ コピーライト
(C)2018 STUDIO PONOC
■ 公式サイト
ponoc.jp/eiyu
《木村カエラ コメント》
「この3作品を手掛けられた、米林監督作品や、百瀬監督、山下監督が関わった作品の大ファンで、いつか自分の曲も一緒に何かできないかとずっと思っていたので、今回お話をいただいて、夢が叶いとてもうれしく思っています。この映画のお話をいただいた時、短編劇場ですが、この映画の短い中にこめられた、それぞれの監督の願いや、映画チームの願いである、“子どもたちから大人まで楽しめるアニメーション映画を作りたい”という気持ちをひとつずつ感じながら、映画チームと何度も打ち合わせを行い、西村プロデューサーと作り上げていきました。

3作品のすべてをまとめるというエンディングテーマなので、映画の大きなテーマをもとに、この映画を観終わった人たちすべての人が木村カエラ 、新曲 で念願のタッグが叶う『ちいさな英雄』エンディングテーマに決定 !夏本番を堂々と牽引!豪華予告編がついに初解禁!

「笑顔で帰れるような楽曲をつくろうと思い、この楽曲を聴いた、子どもたちがのびのびと生きてほしい、育ってほしいと、私なりの目線で書かせてもらいました。この作品がたくさんの人の元に届くことを願っています。」





■「映画ログ」会員による評価・感想・ネタバレ
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』木村カエラの新曲「ちいさな英雄」をお披露目!!


関連記事

コメントは利用できません。

9/1公開『寝ても覚めても』

注目映画

  1. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  2. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  3. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  4. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  5. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  6. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…
  7. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る