小野田寛郎さん故郷和歌山で映画『ONODA 一万夜を越えて』ふるさと試写会

小野田寛郎さん故郷和歌山で映画『ONODA 一万夜を越えて』イベント実施

海外資本で日本の史実が次々と映画公開する今
小野田寛郎さんの残像がスクリーンに蘇り感動!!
日本公開に向けて、海南市が大太鼓判!!

1974年3月、終戦後約30年の時を経て帰還し「最後の日本兵」と呼ばれ、社会現象になった旧陸軍少尉・小野田寛郎(おのだ ひろお)の潜伏期間の史実を元に着想、映画化された『ONODA 一万夜を越えて』10月8日(金)より全国公開されます。

和歌山県・海南市で「ふるさと試写会」

フランス映画界で今最も注目されている新鋭 アルチュール・アラリが監督を務め、フランス、ドイツ、ベルギー、イタリア、日本の国際共同製作映画でありながら、ほぼ全編が日本語のセリフで紡がれているこの異色作は、第74回カンヌ国際映画祭2021の「ある視点」部門オープニング作品に選ばれ、現地で約15分ものスタンディング・オベーションを受けるなど、大反響を頂きました。現在行われているメディア向けの試写会でも連日完全予約制で満席となり、公開までに評判の高さは徐々に熱を帯びてきました。
ONODA 一万夜を越えて,画像
この度、公開前に小野田寛郎さんの故郷である和歌山県・海南市で「ふるさと試写会」と称して、小野田寛郎さんのことを知らない若い世代にも作品を観てもらうべく海南青年団体連絡会議の皆さまがボランティアで市の関係者を招待し、神出 政巳(じんでまさみ)海南市長をはじめスタッフ含めて約100名ほどの来場者を迎えて特別上映会を行いました。

終戦後も任務解除の命令を受けられないまま、フィリピン・ルバング島にて約30年間を過酷なジャングルの中で過ごした小野田寛郎の青年期を演じた主演の一人・遠藤雄弥も当日に海南市入りを果たし、小野田寛郎さんの本家筋にあたる宇賀部神社に報告参拝、その後は上映会後の鏡開きとトークイベントに参加。
ONODA 一万夜を越えて,画像
今秋、映画『MINAMATA』をはじめとする、日本の史実を元に描かれた映画が次々と公開される中、本作においては小野田寛郎さんの関係者の皆さまが太鼓判を押して日本をはじめ世界に観て頂きたい素晴らしい作品であるとお墨付きを頂きました。

宇賀部神社での参拝にて

遠藤雄弥は和歌山県・海南市に入って真っ先に、小野田寛郎さんの本家筋にあたる小野田典生宮司のいる宇賀部神社に駆けつけた。そこは、小野田寛郎さんがフィリピン・ルバング島より帰還した後、自身の実家に戻る際に参拝した神社として当時一躍有名になり、小野田さんが故郷に戻った時には神社近くの田畑がメディアの中継ヘリコプターなどの停車場になるなど、海南市の中でも最も注目された場所として知られている。
ONODA 一万夜を越えて,画像
現在は、小野田寛郎座右の銘でもある「不撓不屈(ふとうふくつ:強い意志を持って、どんな苦労な困難に出会っても、決して心がくじけないこと。)」が記された記念碑が建立されていたり、小野田さんがお母様から出兵時に預かり、潜伏期間にもずっと胸ポケットにしまっていた<千人針>の展示やブラジルでの遺品などが展示されており、遠藤雄弥は小野田宮司と共に小野田寛郎さんのことを回顧し、本作の応援に改めて感謝を述べた。
ONODA 一万夜を越えて,画像
遠藤曰く「本当は、映画の撮影前に伺いたかった場所であり、こうやってお話を聞くと、小野田寛郎さんを実際のニュースで見たことがなかった私にとって『本当に小野田さんは存在していたんだ』と改めて実感することができました」。

上映会のトークイベントにて

遠藤雄弥と小野田典生宮司が改めて登壇、作品の大ヒットを願って鏡開きが行われた。ここでは、海南青年団体連絡会議の有志がボランティアで企画上映まで全ての運営し、小野田寛郎さんが生前自分の講演会や子供達に説き続けた「生きることの意味」について再考できる機会を作るために、今回の上映会に至った。
ONODA 一万夜を越えて,画像
壇上で、小野田宮司が「小野田寛郎が生前に言っていたこと、それは『戦争はどんなことがあっても始めてはいけない。一度始めてしまえば、必ず犠牲者は出る。』ということ、思い返したい」と述べ、遠藤も「カンボジアのジャングルで過酷な撮影の日々だったが、小野田さんの経験に比べたらとんでもない。撮影現場でも仲間がいたからこの素晴らしい映画ができました」と報告した。

『ONODA 一万夜を越えて』予告編映像

キャスト

遠藤雄弥
津田寛治
仲野太賀
松浦祐也
千葉哲也
カトウシンスケ
井之脇海
足立智充
吉岡睦雄
伊島空
森岡龍
諏訪敦彦
嶋田久作
イッセー尾形

映画『ONODA 一万夜を越えて』作品情報

監督:アルチュール・アラリ
脚本:アルチュール・アラリ、ヴァンサン・ポワミロ
プロデューサー:ニコラ・アントメ
撮影監督: トム・アラリ
編集:ローラン・セネシャル
美術:ブリジット・ブラサール
衣装:カトリーヌ・マルシャン、パトリシア・サイーヴ
サウンド:イヴァン・デュマ,アンドレアス・イルドブラント,アレク・“ビュニク”・グース
制作:bathysphere productions
配給:エレファントハウス
165分/フランス、日本、ドイツ、ベルギー、イタリア/ 2021/1.85/5.1
スケジュール:撮影(2018年12月~2019年3月)、完成(2019年11月)
©2021映画『ONODA』フィルム・パートナーズ(CHIPANGU、朝日新聞社、ロウタス)
(c)CANAL+ / ORANGE / FESTIVAL DE CANNES
公式サイト:https://onoda-movie.com
公式Twitter:@OfficialOnoda

2021年10月8日(金)TOHOシネマズ 日比谷他全国公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  5. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  6. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
東出昌大さん草の響き』【メッセージ】
ページ上部へ戻る