堤幸彦監督映画50作公開記念!むき出しの人間味あふれるB面7作品一挙上映!

堤幸彦監督映画50作公開記念上映会,画像

堤幸彦監督50作目『truth~姦しき弔いの果て~』公開記念

1988 年に『バカヤロー!私、怒ってます「英語がなんだ」』で映画監督デビューをした堤 幸彦。監督として手掛けた作品は、来年1月7日(金)公開の『truth~姦しき弔いの果て~』で 50 本目となります。この節目ともいえるキリのいいところを記念し、これまで一貫して「真実」に目を凝らし続けた堤監督の、選りすぐりの作品の特集上映が決定!

“えっ 生前葬!?” 題して「堤 幸彦監督映画50作公開記念上映会」

11月27日(土)から K‘s cinemaでの上映を皮切りに、シネ・ヌーヴォ、シネマスコーレ、京都みなみ会館にて開催致します!

女性たちの心の内に迫る新作『truth』の前身ともいえる『2LDK』(03)、主人公の深層心理に迫るホラー『EGG』(02)、ほんとうの幸福とは何か問いかける『自虐の詩』(07)、現代社会で見過ごされそうな生活者たちを追った『MY HOUSE』(12)、究極の家族愛を描く『くちづけ』(13)、亡き人たちの語られなかった物語に寄り添う『悼む人』(15)。そして特別な“お楽しみ枠”としてサプライズ作品をもう1作。笑い多めのポップなエンタメ作家としてのイメージの強い堤幸彦の B 面ともいえる、むき出しの人間味あふれる7作品を集めました。

『2LDK』『EGG』『自虐の詩』はこの機会を逃すわけにはいかない貴重なフィルム上映となります!この度の特集上映開催に寄せて、堤監督よりコメントも到着しております。

堤幸彦監督映画50作公開記念上映会,画像

映画監督 堤 幸彦コメント

「堤 幸彦監督映画 50 作公開記念上映会」開催に寄せて気がつくと66歳で、気がつくと50本の映画を撮っていた。元々はバラエティ番組の出身であり MV やコントが専門であったのに、ドラマや舞台の演出もたんまり経験した。20代からまさに休みなしで走り続けてきたが、コロナでふと立ち止まった。半ば強制的に。静かになって耳をすますとそこには“仕事ないなら自分たちで仕事を創る!”と強い意志を持った女優たちがいた。業界での44年で初めて見たタイプの意志だった。それで映画『truth』が出来た。紛れもない『自主映画』として。50本目の節目なんて意味はない。立ち止まってはいられない。これから何歳になっても彼女らの純粋な意志に相応しい作品を生み出せるのか、観客の期待や視線に応えられるかどうかが問われている。でも“記念しよう!”と奇特な人々もいた。半分マジな生前葬のような。せっかくだから過去の忘れがたい作品をまとめて見てみたい。そして今後の、コロナ後の作風を考えればいい。きっと幾つかの私の“古いフィルム”にはその年齢のがむしゃらが映っているはずだ。私に声をかけてくれた女優たちの純粋さと、それは果たして戦えるのか……。

「堤幸彦監督映画50作公開記念上映会」 作品情報

『2LDK』 《35mm フィルム上映》

堤幸彦監督映画50作公開記念上映会,画像

2003 年/69 分/15 作目/ビスタ/ステレオ/©「DUEL」パートナーズ

“限られた空間での 2 人の対決”という同じテーマと製作条件で、ふたりの監督・堤幸彦と北村龍平が中編映画を競作する企画〈DUEL〉から誕生した『2LDK』。主演は野波麻帆と小池栄子。ルームシェアする俳優とアイドルがあるオーディションをきっかけに秘めた感情を剥き出しにする。精神を崩壊させた2人による武器を手に肉体を駆使しての壮絶な殺し合いが見どころ。

CAST : 野波麻帆 小池栄子 脚本 : 堤 幸彦 三浦有為子 撮影 : 唐沢 悟

『EGG』 《35mm フィルム上映》

2002 年/73 分/17 作目/ビスタ/ステレオ/©2002 アミューズ

主人公・月子は幼い頃から目を閉じると同じ光景が見えた。それは真紅の水上に浮かぶ巨大な卵。ある日、卵が割れて中から禍々しい怪獣が出現する。この夢をきっかけに自分の出自に関する秘密を知り苦悩する月子。夢は心象風景であり、彼女は自分のなかに潜む怪獣という存在とどう折り合いをつけることができるか。怪獣をモチーフにした異色の特撮作品。

CAST : チョ・ヘヨン 氏家 恵 佐藤二朗 犬山イヌコ 脚本 : 堤幸彦 撮影 : 唐沢 悟

『自虐の詩』 《35mm フィルム上映》

堤幸彦監督映画50作公開記念上映会,画像

2007 年/116 分/23 作目/ビスタ/ステレオ/©2007「自虐の詩」フィルムパートナーズ

業田良家の人気 4 コマ漫画『自虐の詩』を『ケイゾク』コンビ・堤幸彦と植田博樹プロデューサーが実写化。『ケイゾク』の中谷美紀、『トリック』の阿部寛が夫婦役で共演した。舞台は大阪の下町。夫・イサオは無職で酒飲み、何かあるとちゃぶ台をひっくり返すような乱暴者。それでも妻・幸恵は彼に尽くし続ける。イサオと幸恵の生活から見えてくるほんとうの幸福とは。

原作 : 業田良家 CAST : 中谷美紀 阿部 寛 脚本 : 関えり香 里中静流 撮影 : 唐沢 悟

MY HOUSE 《DCP 上映》

堤幸彦監督映画50作公開記念上映会,画像

2012 年/93 分/34 作目/シネスコ/5.1ch/モノクロ/©2011「MY HOUSE」製作委員会

建築家・坂口恭平のルポ『TOKYO 0 円ハウス 0 円生活』と小説『隅田川のエジソン』を原作に、様々なアイデアによってそれなりに快適なほぼ0円生活を送る“鈴本さん”の日常をモノクロで撮影した。鈴本さんと出会ったエリートコースを目指す中学生や潔癖症の主婦など、世間から見たら裕福な者たちは資本主義的生活に疑問を感じはじめる。堤の地元・愛知県名古屋市でロケが行われた。

原作 : 坂口恭平 CAST : いとうたかお 石田えり 村田 勘 板尾創路 木村多江 脚本 : 佃 典彦 脚本協力 : 堤 幸彦

くちづけ 《DCP 上映》

堤幸彦監督映画50作公開記念上映会,画像

2013 年/122 分/36 作目/シネスコ/5.1ch/©2013「くちづけ」製作委員会

人気劇団・東京セレソンデラックス(2012 年解散)の名作舞台の映画化。知的障害をもつ娘マコのため休職していた人気漫画家いっぽん。娘を知的障害者たちの自立支援グループホーム・ひまわり荘に預けることでもう一度漫画を描こうと思った矢先……。子への想いが募るあまり親が追い詰められていく悲劇。正解の見えない社会問題を柔らかなタッチで描く。

原作 : 宅間孝行 CAST : 貫地谷しほり 竹中直人 宅間孝行 田畑智子 橋本 愛 脚本 : 宅間孝行

悼む人 《DCP 上映》

堤幸彦監督映画50作公開記念上映会,画像

2015 年/138 分/40 作目/シネスコ/5.1ch/©2015「悼む人」製作委員会/天童荒太

直木賞を受賞した天童荒太のベストセラー小説を映画化。事件や事故に巻き込まれて亡くなった人々が生前何を想っていたか知ることが坂築静人にとっての“悼む”行為であった。人々を悼むため全国を旅する静人を見守る病に冒された母、静人を訝しむ週刊誌記者たち、夫を殺したことに囚われる女性……人は皆、生や死、罪と赦しの間で彷徨っている。

CAST : 高良健吾 石田ゆり子 井浦 新 貫地谷しほり 椎名桔平 大竹しのぶ 脚本 : 大森寿美男(※R-15)

Twitter@truth_FilmJapan Insta@truth_movie0107
公式HP:https://truth-film-japan.com/

2021 年 11 月 27 日(土)~12 月 3 日(金) K‘s cinema にて開催!

以後、シネ・ヌーヴォ(12/11~)、シネマスコーレ(12/18~)、京都みなみ会館(12/24~)開催。※各映画館では1日1回上映を予定。上映時間等は劇場 HP でご確認をお願します。

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…
  2. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  3. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  6. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
東出昌大さん草の響き』【メッセージ】
ページ上部へ戻る