ディカプリオも利用された、欲望まみれのミステリー・ノンフィクション『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』

ダ・ヴィンチは誰に微笑む

11/26(金)日本公開&邦題決定!
予告、ポスターも解禁!!

2017 年、アート界に激震が⾛った!⼀枚の絵がオークションで、レオナルド・ダ・ヴィンチの最後の傑作とされる「サルバトール・ムンディ」=通称「男性版モナ・リザ」として、史上最⾼額となる 510 億円で落札されたのだ。“購⼊者は誰なのか、これによって真のダ・ヴィンチ作品だと証明されたのか?”世界中の⼈々の関⼼を集め、今なお謎が深まるばかりのこの名画にまつわる疑問を鋭く紐解いていくだけでなく、知られざるアート界のからくり、闇の⾦銭取引の実態をまでも⽣々しく暴いていくーー欲望まみれのミステリー・ノンフィクションムービー『The Savior ForSale』(原題)が、邦題を『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』として 11/26(⾦)から⽇本公開決定!あわせて、予告映像、ポスターを解禁致します。

万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチが⼿がけた最後の傑作とされる“サルバトール・ムンディ”=通称「男性版モナ・リザ」。100 年以上も⾏⽅不明だったこの名画が、由緒あるオークションハウス“クリスティーズ”で、史上最⾼額の 510 億円という驚きの価格で落札されるシーンから映像は始まる。その後明らかにされるのは、“2本の親指”や“奇妙な修復”など、あらゆる美術鑑定によって次々と明らかになる不可解な謎、そして華やかなオークションの裏で仕組まれていた強欲なクセものたちによる策略。果たしてこの絵は本物か偽物か?「美術界最⼤の謎解きです」「あの絵の購⼊者は誰か?」まさかの⼀般家庭から発⾒、最初 13 万円という激安で売られていたこの絵画が、やがて世界を巻き込んだ⼤騒動へと繋がっていく。

絵画を投資⽬的とする⼤財閥やそこから⼿数料をぼったくろうとする仲介⼈、⼤衆を利⽤して絵の価値を釣り上げていくマーケティングマンと利⽤されるハリウッド・スターのレオナルド・ディカプリオ、アートを利⽤して覇権を⼿に⼊れたいサウジアラビアの皇太⼦――「多くのいかがわしい奴らが、この絵を狙って何か企んでいる」その⾔葉通り、あらゆる世界の⼈々がこの絵をめぐる因縁の⼈物として登場!しかしこの狂乱ともいえる落札の後、この絵画は世間から忽然と姿を消してしまうーー。欺く、裏切る、この熾烈な争いの結末は?誰が、どうやって、この絵を 13 万円から 510 億円に⽣まれ変わらせたのか?この史上最⾼額の取引の裏に隠れていた驚きの真実を容赦無く暴き出す爽快な予告となっております。

ポスターは本作の主役とも⾔える “サルバトール・ムンディ”を前⾯に推し出したもの。男性版モナ・リザとも⾔われるほど静かで美しい微笑が印象的な絵画だが、そのモデルと⾔われるイエス・キリストが⼿に握るのは札束!?まるで絵を引きちぎるように延びた複数の⼈間の⼿が、欲にまみれる⼈間の滑稽さを際だたせ、印象付けるようなビジュアルとなっております。

『ダ・ヴィンチは誰に微笑む』予告編映像

監督

アントワーヌ・ヴィトキーヌ
公式HP:gaga.ne.jp/last-davinci/
(c)2021 Zadig Productions (c) Zadig Productions – FTV

11/26(金)TOHO シネマズ シャンテほか全国順次ロードショー

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 世界の映画祭で絶賛された真実の物語 それでも、生きていく。 生存者証言を参考に、北朝鮮強制収容所…
  2. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  3. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  4. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  5. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  6. ミッドナイトスワン,草彅剛
    キノフィルムズ 10 周年&キノシネマ 3 周年記念 フェスティバル上映4作品決定! 映画『ミッ…
  7. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
東京国際映画祭『エゴイスト』
ページ上部へ戻る