桐谷健太主演「ミラクルシティコザ 」ハワイ国際映画祭正式出品決定

桐谷健太主演「ミラクルシティコザ 」ハワイ国際映画祭正式出品決定

「海の向こうの誰かに、そしてあなたに、
柔らかな光のような何かを届けられる映画だと信じています」
桐⾕健太が熱唱する︕場⾯スチール第1弾解禁︕

主演に桐⾕健太を迎え、⽇本復帰前の70年代と現代の沖縄を描いたタイムスリップ・ロックンロール・エンターテイメント『ミラクルシティコザ』。沖縄⽇本復帰50周年の節⽬となる来年2022年1⽉21⽇(⾦)シネマQ・シネマライカム他沖縄先⾏公開、桐⾕の誕⽣⽇でもある2⽉4⽇(⾦)に新宿武蔵野館ほか全国順次公開が決定しています。

沖縄⽇本復帰50年⽬に公開される本作が、真珠湾攻撃から80年を迎えるハワイで上映

第3回未完成映画予告編⼤賞グランプリならびに堤幸彦賞を受賞し、桐⾕健太を主演に迎えて映画化された本作は、沖縄・コザを舞台に70年代と現代が交錯するタイムスリップ・ロックンロール・エンターテイメント。
ミラクルシティコザ,画像

コザで暮らす翔太の前に、交通事故で亡くなったはずの祖⽗ハルが現れる。祖⽗はかつて、ベトナム戦争に向かう⽶兵たちを熱狂させた伝説のロックンローラーだった。
ハルが「やり残したことがある」と翔太の体をのっとると、翔太の魂は、 ⽇本復帰直前の 1970年へとタイムスリップしてしまう。
翔太は、 当時の沖縄の⼈々が抱えていた 驚きの真実を知り、あるサプライズを思いつく。
ミラクルシティコザ,画像
この度、本作が11⽉4⽇から28⽇まで⾏われる第41回ハワイ国際映画祭 <Spotlight on Japan>部⾨への正式出品が決定しました︕ ハワイ国際映画祭は、毎年⽶国ハワイ州で開催され、アジアの優れた映画の発掘をテーマにした映画祭で、これまで『万引き家族』(是枝裕和監督)や『本気のしるし』(深⽥晃司監督)、『37セカンズ』(HIKARI監督)などの⽇本映画が出品されてきました。

1989年⽣まれの平 ⼀紘監督が、 “アメリカ世”(アメリカ統治の時代)やベトナム戦争当時の沖縄の世相なども盛り込んだ『ミラクルシティコザ』。沖縄⽇本復帰50年⽬を迎える2022年の劇場公開となりますが、公開に先駆けてのワールドプレミアが、奇しくも1941年の真珠湾攻撃から80年⽬を迎えるハワイ国際映画祭となります。

正式出品決定にあたり、主演の桐⾕、平監督から喜びのコメントが到着しました。あわせて、場⾯スチール第1弾も解禁します。桐⾕演じるハルがライブシーンにて熱唱する姿や、ザ・ビートルズのアルバム『アビイ・ロード』ジャケットを彷彿させるショットなどが映し出されています。
ミラクルシティコザ,画像

桐⾕健太・平 ⼀紘監督の喜びのコメント到着

桐⾕ 健太(本作主演)
ミラクルシティコザが、海を渡り、歴史あるハワイ国際映画祭で、たくさんの⼈たちに観て頂けることをとても嬉しく、そして誇らしく感じます。
沖縄はたくさんの想いを抱いている島です。僕には想像がつかないくらいたくさんの想いを。
この映画を創っているあいだに、僕の⼼にもたくさんの想いが溢れて、⾔葉にできない不思議な感覚になりました。
強いていうなら、喜びと悲しみ、儚さと奇跡と愛しさのちゃんぷるー。
沖縄のコザという町を舞台に、みんなで⼼をこめて作りあげた作品です。
海の向こうの誰かに、そしてあなたに、柔らかな光のような何かを届けられる映画だと信じています。
輝け! ⽻ばたけ! ミラクルシティコザ‼

平 ⼀紘(本作監督)
この度はハワイ国際映画祭にミラクルシティコザが選出されたこと、⼤変喜ばしく思います。
沖縄返還50年⽬に公開されるこの映画が、真珠湾攻撃から80年⽬のハワイ国際映画祭で上映されることに不思議な縁を感じております。いまから120年ほど前に、沖縄の⼈々数⼗⼈が希望を求めてハワイへ旅⽴ち、今でもその友好関係は続いています。私の祖⽗の親戚もハワイに住んでいます。そんな私が今回どうしても撮りたかったのがこの映画です。コザという街で失われつつある栄光を⽀えに⽣きている世代と、それを継ぐ若者を主軸に置いたこの物語は、今この時にしか⽣まれない物語でした。⾳楽とロックに彩られた50年前の地元を想像するのはとても素晴らしいひと時でした。事実に基づいたこの物語を是⾮楽しんでほしいです。

ロックスターだったハルが、孫に託した、最後の夢。
沖縄市コザ、かつては隆盛を極めた街だが、現在ゴーストタウンの⼀歩⼿前!? そこで暮らす翔太は、特にやりたいこともなく、惰性な⽇々を過ごしていた。彼にはちょっと変わった祖⽗(ハル)がいた。ハルは、かつて、ベトナム戦争に向かう⽶兵たちを熱狂させた伝説のロックンローラーだった。

ある⽇、⾃慢の祖⽗ハルを交通事故で亡くし、失意の翔太の前に現れたのは、なんと死んだはずの祖⽗。「やり残したことがある」とハルが翔太の体をのっとると、翔太の魂は、タイムスリップして1970年のハルの体へ⼊ってしまう。 翔太はロックンローラーだったハルとして、ベトナム戦争特需に沸く70年代の沖縄で、驚きの真実を知り、未来へのサプライズを仕掛けようとするが……。
ミラクルシティコザ,画像

伝説のバンドʻ紫ʼの全⾯協⼒︕
1970年、⽇本復帰前の沖縄にて結成。1975年⼤阪万博記念公園に於ける野外ライブで圧倒的なライブ・パフォーマンスを⾒せつけ、「紫」の名前は⼀躍全国へ。翌年には1stアルバム「MURASAKI」、⽴て続けに2ndアルバム「IMPACT」を発表し⽇本のロック史に⾵⽳を開けた。当時の⼈気は凄まじく、1977年の⾳楽誌「ミュージックライフ」では、国内グルーブ部⾨で1位を獲得するほどだった。

「ミラクルシティコザ」では、ジョージ紫を筆頭とするメンバーが、ストーリーに共感し、代表曲を提供し、劇中で登場するバンドのライブ⾳源を新たにレコーディングした。劇伴⾳楽はベーシストのChrisが担当。ボーカリストのJJは、印象的な役どころでの出演も果たした。脚本執筆にあたり、1970年当時の「紫」が体験した破天荒なエピソードが脚本に盛り込まれている。そして当時のライバルバンドであるコンディション・グリーンの楽曲も採⽤されている。

『ミラクルシティコザ』予告編映像

キャスト

桐⾕健太
⼤城優紀 津波⻯⽃ ⼩池美津弘
津波信⼀ 神崎英敏 アカバナー⻘年会 渡久地雅⽃ ⼭内和将 ⽟代勢圭司 ⼭城智⼆ 城間やよい 喜舎場泉 岸本尚泰 平隆⼈ ニッキー
ベンビー 南⾥美希 渡辺光 ⼩川深彩 ⼭⽥⾏ 宮城夏鈴 新垣晋也 ⻄平寿久 粒マスタード安次嶺 けいたりん ⻄平孝架 らむちゃん 饒波正庸

監督・脚本

平⼀紘

製作︓⻑坂信⼈
エグゼクティブプロデューサー︓神康幸
プロデューサー︓⼤城賢吾 松永弘⼆
ラインプロデューサー︓⾦森保
⾳楽プロデューサー︓横澤匡広
⾳楽︓Chris
撮影︓砂川達則
照明︓⿃越博⽂
録⾳︓横澤匡広
DIT︓⼩野寛明
美術デザイン︓林チナ
美術︓濱⽥智有希
スタイリスト︓むらたゆみ
ヘアメイク︓⽐嘉みみ 新垣⽂望
制作担当︓⽶原直樹
監督補︓東條政利
助監督︓丹野雅仁
キャスティング︓新江佳⼦
編集︓⼜吉安則
⾳響効果︓佐藤祐美
VFX︓平良隆⼀
宣伝アート︓加藤正憲
アシスタントプロデューサー︓眞栄城守⼈
協賛︓沖縄ファミリーマート セカンドストリート
協⼒︓沖縄市 沖縄市KOZAフィルムオフィス 7th Heaven KOZA
特別協⼒︓ジョージ紫 紫(MURASAKI)
制作プロダクション︓PROJECT9

配給:ラビットハウス
公式HP:https://miraclecitykoza.com/
©2021 Office Crescendo

1⽉21⽇(⾦)シネマQ・シネマライカム他沖縄先⾏︕
2⽉4⽇(⾦)新宿武蔵野館 ほか全国順次公開

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  2. トム・クルーズを一躍スターダムに押し上げた1986年公開の世界的ヒット作「トップガン」の続編が誕生!…
  3. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  4. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  5. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  6. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  7. “私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした”――。ポン・ジュノ監督 激賞! 本屋大賞受賞の傑作ベスト…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
ディーン・フジオカさん×蒔田彩珠さんPure Japanese』【スペシャルメッセージ】
ページ上部へ戻る