前田敦子、DIVOC-12プロジェクトの意義を熱弁!「新しい才能に触れる登竜門になって欲しい」

8385_最終版『DIVOC-12』公開記念舞台挨拶_オフィシャルレポート

三島監督チーム登壇 公開記念舞台挨拶を実施!

12人の監督と豪華キャストの共演による12本の短編からなるオムニバス映画DIVOC-12(読み方:ディボック-トゥエルブ)が10月1日(金)に全国公開した。12作品全てが完全オリジナルストーリーで紡がれる未体験エンタテインメントとして完成した本作は、12人の監督と豪華キャスト陣が “映画の力を信じて”作り上げた、唯一無二の作品だ。

本作の中核となって映画制作を牽引していく3人の監督は、『新聞記者』(19 年)で第 43 回日本アカデミー賞最優秀作品賞をはじめとした主要 3 部門を受賞した藤井道人監督、第42回日本アカデミー賞8部門で賞を受賞し、第42回日本アカデミー賞8部門で賞を受賞し、世界中で社会現象を巻き起こした『カメラを止めるな!』(18 年)の上田慎一郎監督、第 41 回モントリオール世界映画祭で審査員特別大賞を受賞した『幼な子われらに生まれ』(17 年)の三島有紀子監督。また、藤井道人監督『名もなき一篇・アンナ』の主演に横浜流星、上田慎一郎監督『ユメミの半生』の主演に松本穂香、三島有紀子監督『よろこびのうた Ode to Joy』の主演に富司純子と藤原季節など、豪華俳優陣が参加。

日本映画界を代表する監督たち、一般公募より選ばれた新人監督含めた9名の監督たち、そして、プロジェクトに賛同した豪華キャスト陣による『DIVOC-12』は「新型コロナウイルス(COVID-19)をひっくり返したい」という強い想いが込められて始まった、コロナ禍でのクリエイター支援プロジェクト。

“共有”というテーマを掲げ映画を製作した三島有紀子監督、山嵜晋平監督、齋藤栄美監督、加藤拓人監督、
そして加藤監督作品『睡眠倶楽部のすすめ』の主演を務めた前田敦子が登壇する、公開記念舞台挨拶を実施!

プロジェクト発表から1年の時を経て、ついに公開となった『DIVOC-12』。

山嵜監督は「人とこんなに話をしながら映画を作ったのは初めて。自分の中で発見の多かった作品。それを皆さんに観ていただけて嬉しい」と感激。齋藤監督も「コロナ禍の影響をもろに受けた作品。どうやって映画を作り、どうやって上映をしていくか、試行錯誤してできた作品」としみじみ語った。

そして、加藤監督作『睡眠倶楽部のすすめ』に主演する前田は『DIVOC-12』について「とても夢のあるプロジェクトだと思ってすぐにオファーをお受けしました。若手の登竜門としてこれからも続いてほしい」と企画意図に賛同。
8385_最終版『DIVOC-12』公開記念舞台挨拶_オフィシャルレポート

公募を経て本作で商業デビューした助監督出身の加藤監督については「台本の段階で素敵な雰囲気が漂っていた。撮影現場での加藤監督は細かいところまで目が行き届いていて、敏腕助監督だったろうなと思った。さすがです」と商業デビューとは思えぬ立ち振る舞を称賛していた。

これに加藤監督は「前田さんの様に素晴らしい女優さんとご一緒して商業デビューできるのはそうないこと。前田さんは芝居も含めて主人公の透子にぴったり。現場での佇まいも含めて透子だった」と感謝。

三島監督も「完成した作品を観て、つくづく前田敦子さんで良かったと思った。こんなに加藤監督が思い描いたビジョンを体現してくださる女優さんがいるのかと思うくらい」と絶賛すると、当の前田は「本当ですか?嬉しいです!」と破顔していた。

そして、12本の作品の中で“推しDIVOC”はと聞かれた前田は、三島監督による『よろこびのうた Ode to Joy』と答え、「終わりがとても気になる。ラストシーンは何を意味しているのかと」と興味津々。三島監督からその狙いを教えてもらうと「なるほど、深いです~」と感心していた。

今回のプロジェクトに刺激を受けたという前田。今後チャレンジしてみたいことを聞かれると「加藤監督の様に才能ある新人監督さんとご一緒できる機会があれば嬉しい。第2弾があれば出演したいです」と『DIVOC-12』第2弾製作に期待。
8385_最終版『DIVOC-12』公開記念舞台挨拶_オフィシャルレポート
今回の映画製作を経て三島監督は今後のチャレンジしたいことについて「具体的に作りたい映画ができました。絶望的だがHappyな、女の子たちが軽やかに歌ったり踊ったりするような映画を作りたい。主人公の女の子のイメージはすでにあるので、プロポーズしに行きたいです」と構想を明かした。

最後に三島監督は「12人の監督が12個の眼差しで作った12個の作品ですが、一本の映画になっています。12個の色々な人生を見ていただいた観客の皆さんには、渦巻いた感情を持ち帰っていただき、観終わった後に生まれる感情を大事にして生きていってほしいです」とメッセージ。

前田は「映画は映画館で観てもらえるのが一番の喜びです。『DIVOC-12』が今後も続いて、新しい才能に皆さんが触れる機会となり、登竜門になったら嬉しい。観客の皆さんが好きな作品を見つけてSNSで“推しDIVOC”をつぶやいて、みんなで大きな輪にしていってほしいです」とさらなるヒットと広がりに期待を込めていた。

『DIVOC-12』本予告編映像

キャスト

横浜流星 / 松本穂香 小関裕太 / 富司純子 藤原季節
石橋静河 / 小野翔平 窪塚洋介 / 安藤ニコ おーちゃん / 清野菜名 高橋文哉
蒔田彩珠 中村守里 / 中村ゆり 髙田万作
笠松将 / 小川紗良 横田真悠 / 前田敦子

監督

藤井道人 上田慎一郎 三島有紀子
志自岐希生 林田浩川 ふくだみゆき 中元雄 山嵜晋平 齋藤栄美
廣賢一郎 エバンズ未夜子 加藤拓人

主題歌

yama「希望論」(MASTERSIX FOUNDATION)

製作・配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式HP:https://www.divoc-12.jp
©2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All Rights Reserved.

絶賛公開中

DIVOC-12,画像

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 護られなかった者たちへ,画像,佐藤健
    日本中を衝撃と感動で包み込む ヒューマン・ミステリー 「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山…
  3. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  4. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  5. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  6. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  7. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る