柳町光男監督初期3作品上映決定!『十九歳の地図』新ビジュアル公開

十九歳の地図,画像

閉塞する時代に生きるすべての若者たちへ
こんな時代に✖✖✖(バツ三つ)!! 
こんな世の中に✖✖✖(バツ三つ)!!

後世の監督たちに多大な影響を与える柳町光男監督の代表作『十九歳の地図』のリバイバル上映がこの度、決定しました。来る12月4日(土)~30日(金)までの期間、新宿K’s cinema にて『十九歳の地図』を中心に『ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR』『さらば愛しき大地』を含め、上映します。

『十九歳の地図』を中心に『ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR』『さらば愛しき大地』も上映!

DVDソフトも発売され、配信もされている状況の中、なぜ?上映されるのか?芥川賞作家である中上健次の原作の同名小説を映画化し、1979年「映画芸術」ベストテン1位、「キネマ旬報」ベストテン7位に選ばれ、カンヌ国際映画祭の批評家週間にも出品された『十九歳の地図』。昭和、平成を終え、令和となり、既に40年を越える時が経つ。

十九歳。その青春の入り口に立ちがら、自分の未来を描けないまま孤独の中で、鬱屈、苛立ち、憎しみをもって、不安を抱えながら出口のない青春にもがき苦しんでいる。それは時代というだけではなく、令和という時代を迎えても何一つ変わってはいない。いや、今を生きる若者の不安は、最早、それ以上なかもしれない。

2019年に世界を巻き込んだ新型コロナウィルス。平穏な日常も奪われ、兎角制約の多い日常の中で若者たちは、何を思うのだろうか。“どう生きればいいのか分からない”出口の見えない、やり場のない閉塞する混迷の時代を生きるすべての若者たちに届けたいと切に願い、今回の上映となりました。併せて新たなキービジュアルも公開されました。

柳町光男監督初期3作品上映決定!『十九歳の地図』新ビジュアル公開
また、『十九歳の地図』をメインに、暴走と疾走のリアルドキュメント『ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR』(’76)、絶望と破滅の極北『さらば愛しき大地』(’82)の上映も決まりました。まだまだ予断を許さないコロナ過の状況の中、この映画体験が、貴重なものになればと願っております。現在(いま)だからこその上映となります。

上映作品

十九歳の地図
1979|109分|製作:プロダクション群狼
監督・脚本:柳町光男
原作:中上健次
撮影:榊原勝己
美術:平賀俊一
音楽:板橋文夫
出演:本間優二 蟹江敬三 沖山秀子 山谷初男 原知佐子 西塚肇 白川和子 友部正人 津山登志子 中島葵 
川島めぐ 竹田かほり 中丸忠雄 清川虹子 柳家小三治 楠侑子

あらすじ

新聞販売所で下宿をする予備校生の19歳の青年が、日々の配達先で知る各家々の家庭構成、性格など書き止め、×印を付け、自分だけの地図を書き始める。見下されながらも見下しているような捻じれた自尊心が、日常の不満、偽善に鬱屈しながら、配達先で×印をつけた人たちに嫌がらせ電話をかけていく。主演本間優二が、夢も希望もなく鬱積する青年を見事に体現。また、卑小で無様な中年男の哀しみを演じた蟹江敬三。板橋文夫の音楽が切なく響く。
*DCP版での上映  
12月4日(土)~12月30日(木) 
※毎週、日、水の上映はありません。

ゴッド・スピード・ユー! BLACK EMPEROR
1976|91分|製作:プロダクション群狼
監督・脚本:柳町光男
撮影:榊原勝己
出演:BLACK EMPERORのメンバー
柳町光男監督初期3作品上映決定!『十九歳の地図』新ビジュアル公開
暴走するバイクの群れ。夜を照らすヘッドライトとフルスロットルの排気音が鳴り響き駆け抜ける。「ブラックエンペラー」新宿支部のメンバーたちを追ったドキュメンタリーの傑作。暴走行為、交通機動隊との舌戦、集会、たまり場、親や仲間との日常を捉える。“暴走族=不良”というイメージはあれども、ここには血生臭さも暴力もなく、監督柳町光男の優しい眼差しが存在している。
*35mmプリントでの上映
12月5日(日) 12月8日(水) 12月19日(日) 12月22日(水)

さらば愛しき大地
1982|138分|製作:プロダクション群狼
監督・脚本:柳町光男
撮影:田村正穀
音楽:横田年昭
照明:佐藤譲
美術:大谷和正
出演:根津甚八、秋吉久美子、矢吹二朗、山口美也子、松山政路、奥村公延、草薙幸二郎、小林稔侍
中島葵、白川和子、佐々木すみ江、岡本麗、志方亜紀子、日高澄子、蟹江敬三
柳町光男監督初期3作品上映決定!『十九歳の地図』新ビジュアル公開
農業と工業が渾然一体となる郊外都市を舞台に、農家の崩壊を描く。農家を継がずにダンプ運転手として家族を支える男が、息子の死を境に、家族を捨て、愛人と覚せい剤に溺れ、堕ちていく男の人生が狂気に満ち溢れる。田園風景の美しさと対比する底なしの絶望感に圧倒される。
1979年キネマ旬報ベストテン2位 第6回日本アカデミー賞 – 優秀監督賞、優秀主演男優賞、優秀助演女優賞
第25回ブルーリボン賞 助演女優賞 第37回毎日映画コンクール 撮影賞
*DCP版での上映  
12月12日(日) 12月15日(水) 12月26日(日) 12月29日(水)

こんな時代に✖✖✖(バツ三つ)!! こんな世の中に✖✖✖(バツ三つ)!!
柳町光男監督『十九歳の地図』

■開催期間:2021年12月4日(土)~30日(木)
会場:新宿K’s cinema 
*プログラム詳細は HP をご覧ください。(https://www.ks-cinema.com
公式twitter:@19sainochizu
■料金 1,500円均一(シニア1,000円)
※WEB割1,300円 
※『十九歳の地図』鑑賞の方は、半券持参で関連2作品を各1,000円でご覧いただけます。

配給:プロダクション群狼

12月4日(土)~30日(金)
新宿K’s cinema にて上映

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 護られなかった者たちへ,画像,佐藤健
    日本中を衝撃と感動で包み込む ヒューマン・ミステリー 「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山…
  2. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  5. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  6. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  7. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る