映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!
Pocket
LINEで送る

求めて、もがいて、傷ついて—
どん底の男と女が織りなす、最低で最高のエロティック・ラブストーリー!

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

【ニュース】
原作は、その圧倒的な筆力と流麗な官能描写で熱狂的ファンを持つ人気作家・草凪優による同名小説。「男が泣ける!」などと話題を呼び「この官能文庫がすごい2010」で大賞を受賞、彼の代表作との呼び声も高い傑作ラブストーリーがついに映画化!主人公・矢代を演じるのは、無名の新人監督のデビュー作ながら2016年の賞レースを席巻した傑作ハード・ノワール『ケンとカズ』で主演を務め、今や日本映画界が最も注目する俳優の一人となった個性派俳優カトウシンスケ。

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

そして、彼と運命的な出会いを果たすソープ嬢・ヒナには「有名広告代理店の現役OLがヌードになった」とグラビア界を突如騒然とさせた超新星・藤崎里菜。本作では、数多くの濡れ場にも果敢に挑み、堂々たる映画デビューを飾っております。また共演に『ビジランテ』の間宮夕貴、榊英雄、佐々木心音など豪華キャストが集結。どん底から這い上がろうともがく、どうしようもない男と女の「命懸けの恋」を華やかに彩っております。

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

今回到着した場面写真には、傷だらけの矢代に寄り添うヒナ、また布団のなかで裸で見つめ合うふたりを収めたメインカット2点のほか、艶めかしく、またセンチメンタルなシーンの数々を切り取っており必見です。

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

【あらすじ】
これが人生最期のセックス、のはずだったー
事業に失敗し妻にも捨てられ、死に場所を求めて迷い込んだ場末の町。矢代光敏は、そこで出会ったソープ嬢のヒナに拾われる。危ういほどに純真で無防備なヒナの明るさと、その肉体に溺れるうち、矢代はいつしか生きる希望を見出してゆく。事業を再開し、なんとか今の生活から抜け出そうと決意する矢代だったが、その先には思いもよらない落とし穴が待ち受けていた・・・どうしようもない男と女が七転八倒の末にたどり着く愛の結末とは・・・。

■ 『どうしようもない恋の唄』予告動画

【キャスト】
カトウシンスケ
藤崎里菜
間宮夕貴
髙橋里恩
佐々木心音
石川均
大高洋子
榊英雄

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

【スタッフ】
原作:草凪優(祥伝社文庫)
エグゼクティブプロデューサー:藤本款
監督:西海謙一郎
プロデューサー:木村俊樹
脚本:龍一朗・石川均
撮影:工藤哲也
照明:大庭郭基
録音:長島慎介
美術:石毛朗
編集:小林由加子
音楽:神尾憲一
助監督:木ノ本豪
製作担当:中村元
制作:ステアウェイ
製作:クロックワークス

2018年/日本/カラー/ビスタ/デジタル上映/ドルビーSRD/96分/

レイティング:R18+
配給:クロックワークス

■ 公式サイト
http://klockworx-v.com/koinouta/

■ コピーライト
© 2018 クロックワークス 草凪優/祥伝社

2018年8月4日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋にてレイトショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!

映画『どうしようもない恋の唄』艶かしくセンチメンタルな場面写真一挙解禁!


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー http://tokus…
  2. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  3. ■ イントロダクション 今を生きる歓び。誰もが味わえる本当の自由。「人生のバイブル!」多くの読者を…
  4. ■ 伝説の青春映画『あの頃、君を追いかけた』水島浩介役・主演 山田裕貴さんインタビュー https…
  5. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  6. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…
  7. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る