少年とオペラの出会い、夢のような時間を切り取った映画『母へ捧げる僕たちのアリア』

母へ捧げる僕たちのアリア,画像
※この映画はまだ評価がありません。

【音楽に注目!新作レビュー】
『母へ捧げる僕たちのアリア』

近年ヨーロッパの映画で多く取り上げられる移民や格差の問題を盛り込みながら、新鋭ヨアン・マンカ監督はその定形を絶妙にずらしていく。厳しい生活を送る4人兄弟の家庭で流れるのはヒップホップではなく、オペラだ。

『母へ捧げる僕たちのアリア』,画像

© 2021 – Single Man Productions – Ad Vitam – JM Films

主人公の少年ヌールはひょんなことから、介護をする母親が大好きなオペラを歌うきっかけを手に入れる。天賦の才能を見抜いた講師のサラは彼に歌い続けることを薦める。映画は兄弟が直面する八方塞がりの現実だけを強調するのではなく、ヌールとともに歌のレッスンをする少女たちの生き生きとした表情やビーチサッカーに興じる男たちの躍動など、海辺の街の夏休みとそこにある弛緩した空気を非現実的なほどオプティミスティックに捉える。

『母へ捧げる僕たちのアリア』,画像

© 2021 – Single Man Productions – Ad Vitam – JM Films

パヴァロッティ、マリア・カラス、そしてサラを演じるジュディット・シュムラが歌う「椿姫」、オペラの名曲が全編を彩ってはいるものの、マンカ監督はあえて「音楽映画」としてのカタルシスよりも、音楽の持つ力がヌールに与える影響、バラバラな性格を持つ4人の兄弟が心を通わせていく過程、そして少年の旅立ちに焦点を当てることを選んでいるように感じる。誰しも子供時代に過ごしたことがある夢のような時間を切り取った、清々しさを持つ作品だ。

文:駒井憲嗣

『母へ捧げる僕たちのアリア』予告編映像

あらすじ

南仏の海沿いの町の古ぼけた公営団地で、兄3人と暮らす14歳のヌール。重篤で昏睡状態の母を兄弟4人で自宅介護する生活は苦しく、まだ中学生ながら夏休みは兄の仕事の手伝いと家事に追われる毎日だ。そんなヌールの欠かせない日課は、毎夕、母の部屋の前までスピーカーを引っ張っていき、母が大好きなオペラを聴かせてあげること。そんなある日、教育矯正の一環で校内清掃中だったヌールは、そこで歌の夏期レッスンをしていた講師サラに呼び止められ、歌うことに魅せられていくのだが――。

出演

マエル・ルーアン=ブランドゥ、ジュディット・シュムラ、ダリ・ベンサーラ、ソフィアン・カーメ、モンセフ・ファルファー

監督・脚本

ヨアン・マンカ

2021年/フランス/フランス語/108分/カラー/ビスタサイズ/5.1chデジタル
原題:La Traviata Mes freres et moi
配給:ハーク
配給協力:FLIKK
後援:在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
公式HP:hark3.com/aria
© 2021 – Single Man Productions – Ad Vitam – JM Films

6月24日(金)よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開

 

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  2. “私に得も言われぬ嫉妬心を呼び起こした”――。ポン・ジュノ監督 激賞! 本屋大賞受賞の傑作ベスト…
  3. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  4. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…
  5. “映画”を愛するすべての人へ 巨匠チャン・イーモウが贈るラブレター 1秒でもいい、娘の姿をこの…
  6. 誰も見たことのない、エリザベス女王の姿がここにある。 2022年に95歳を迎え、在位70周年と…
  7. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
〇映画『アルピニスト』【驚愕映像】
ページ上部へ戻る