ブラック・パワーと1969年の空気を描く映画『パトニー・スウォープ』

パトニー・スウォープ,画像
※この映画はまだ評価がありません。

【音楽に注目!新作レビュー】
『パトニー・スウォープ』

ある広告会社でかたちだけの幹部だった黒人の男パトニー・スウォープは、創業者の死をきっかけに突然社長に就任、過激な演出のCMで一躍時代の寵児となる――。この物語は、広告代理店でCMを制作していた経験のあるロバート・ダウニー監督(俳優ロバート・ダウニー・ジュニアの父)の実体験にもとづいている。

パトニー・スウォープ, 画像

スケッチ・コメディ的な細かいエピソードの積み重ねがグルーヴを生み、トゥルース・アンド・ソウル社の行く末とパトニー・スウォープ社長の決断になだれ込んでいく。《ラッキー航空》をはじめ、劇中に挿入される同社が手掛けるCMの映像と音楽だけでもサイケデリック、フラワームーブメントなど時代の空気をたっぷり浴びることができる。

パトニー・スウォープ,画像

この作品が生まれた1969年は『イージー・ライダー』が公開、プラックパンサー党のリーダー、フレッド・ハンプトンが殺害され、ウッドストックが開催された年でもある。物語の軸になっている体制への反抗や自由な雰囲気は、1969年の空気が反映されていることは間違いないが、同時に注目したいのは、この時点で急進的なブラック・パワーとその挫折についても指摘していることだ。

パトニー・スウォープ,画像

スウォープは社長になるや他の白人役員を解雇し、黒人スタッフだけの会社にしてしまうが、実はスウォープの台詞はスケジュールと予算の理由から主演のアーノルド・ジョンソンの代わりにダウニー監督自身が吹き替えを行っている。偶然にも生まれた設定ではあるが、声を奪われた黒人というモチーフはその後『ホワイト・ボイス』など多くの映画に受け継がれている。広告代理店と政治の癒着を正面切って描いたダウニーの皮肉と批評性は2022年のいま、もっと語られるべきだろう。

文:駒井憲嗣

『パトニー・スウォープ』予告編映像

あらすじ

1960年代のニューヨーク。マディソン・アベニューにある名門広告会社の創業者が突然亡くなり、会社の唯一の黒人役員(といっても楽曲担当)であるパトニー・スウォープが予想外の結果によって新社長に選出される。早速、スウォープは会社の名前をTruth and Soulに変更し、ほぼすべての白人役員を解雇してしまう。破壊的で奇抜で斬新だが悪趣味ともいえる過激な広告キャンペーンは次々とヒット商品を生み出し、会社は新たな成功へと飛躍する中、何とスウォープは国家安全保障への脅威であるとして、アメリカ大統領ミミオの陰謀に巻き込まれることになる……。

出演

アーノルド・ジョンソン

製作・監督・脚本

ロバート・ダウニー

原題:Putney Swope
1969年/アメリカ/85分/白黒・カラー

提供:RIPPLE V、3DAP Japan LLC
配給:RIPPLE V
公式HP:https://putneyswope.jp

7月22日(金)渋谷ホワイトシネクイントにて公開

 

※この映画の評価を投票

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 映画余命10年,画像
    悲しくても笑った。 悔しくても笑った。 小松菜奈×坂口健太郎、ダブル主演、RADWIMPS書下ろ…
  2. 偶然と想像,画像
    驚きと戸惑いの映画体験が、いまはじまる 映画『偶然と想像』 2020年のカンヌ映画祭では『ドライ…
  3. “映画”を愛するすべての人へ 巨匠チャン・イーモウが贈るラブレター 1秒でもいい、娘の姿をこの…
  4. カズオ・イシグロ絶賛の小説を映画化。第1次世界大戦後のイギリスを舞台に、名家の子息と孤独なメイドの秘…
  5. 75歳以上が自らの生死を選択できる<プラン75>。 この架空の制度を媒介に、「生きる」という究極のテ…
  6. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  7. ⾝⻑差 15 メートルの恋 コミック『⼈形の国』『BLAME!』など、世界各国から⾼い評価を受けて…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
〇映画『アルピニスト』【驚愕映像】
ページ上部へ戻る