利用規約

Pocket
LINEで送る

はじめに

  1. ソーバル株式会社(以下、「当社」)が運営するWebによる映画ファンが集まる映画情報サイト「映画ログプラス(以下、「本サイト」)」を利用していただくには、本規約に同意の上、遵守していただく必要があります。本規約は本サイトで提供されるサービスを利用するユーザー全てに適用されます。
  2. 本サイトのユーザーは、予め本規約に同意した上で、本サービスを利用するものとします。

適用範囲

  1. 当社がユーザーに対して以下の各号のものを定めた場合は、本規約の一部を構成するものとします。
    (1) 別途、当社からユーザーに対し通知又は本サイト上で掲載する本サービス利用上の決まりやお知らせ等
    (2) 本サイトで提供される個別サービスについて定められた利用規約、ガイドライン等

本規約の変更

  1. 当社は、ユーザーの同意を得ることなく、いつでも本規約の全部または一部を改訂することができるものとします。
  2. 本規約が改訂された場合、改訂された本規約が掲載された時点から効力が発生するものとします。

著作権等について

  1. 本サイトで提供されるサービス、掲載されているコンテンツ(商標、文章、画像、映像、音声、プログラム等)は、各国の著作権法、関連条約・法律で保護されており、著作権は当社及びコンテンツ提供者等の第三者に帰属します。当社の明示の許諾がない限り、私的利用等法律で認められる範囲を超えて、使用(複製、送信、頒布、譲渡、翻案等を含む)することを禁止します。当社は掲載情報を提供するにあたり、いかなる知的所有権・著作権の使用権、実施権も付与するものではありません。
  2. 他のサイトやブログなどの文章・画像を、許可なく使用することは著作権侵害に該当する可能性があります。また、雑誌や書籍等から引用する場合は、ユーザー自身の文章と引用部分とを明確に区別し、出典(掲載号や出版社、著者等)を明記していただきますようお願いいたします。なお、当該引用が著作権法その他の各種法令を侵害していないかの判断についてはユーザーの責任の下で行っていただき、当社は一切責任を負わないものとします。

サイトのリンクについて

  1. ユーザーは、下記の場合を除き、本サイトへのリンクを行うことができます。但し、本サイトの改変、移動、削除等が影響してリンクに不都合が発生した場合でも、当社は一切の責任を負いませんので、ご了承の上、リンク設定をお願い致します。
    (1) 営利を目的としたものである場合
    (2) 本サイトの設立目的、企業理念またはイメージ等に合わない場合
    (3) その他、本サイトの運営に支障を来す恐れがあると当社が判断した場合

免責事項

  1. 本サイト上に掲載されている情報につきましては、情報の正確性、完全性などを保証するものではありません。掲載情報のご利用については、全てユーザー自身の責任において行っていただきますようお願い致します。
  2. 本サイトの利用または利用不能によりユーザーに生じる一切の損害につき、当社はその責任を負わないものとします。
  3. 当社は、本サービスの内容、掲載情報等を予告なしに変更する場合があります。変更に起因して発生したユーザーの損害に関して当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. 当社は本サービスにおいて開示された情報及び同情報のリンク先が提供するサービス、ページの合法性、道徳性、著作権、情報の信頼性、正確性について一切の責任を負いません。また、リンク先で生じた紛争や、リンク先のコンテンツについて当社はいかなる義務や責任も負いかねます。また当社は各リンク先に現時点でアクセスできるか否かについて、一切の責任を負いません。

禁止行為

  1. 本サイトの利用にあたり、ユーザーによる次の行為は禁止するものとします。
    (1) 本サービスのコンテンツ又はその一部を複製、翻訳、変更、または派生物を作成すること。
    (2) 本サービスに関する権利を第三者に譲渡、貸与、質入れ、その他担保に供すること。
    (3) リバースエンジニアリング、逆コンパイル、またはその他の手段を使って本サイトで提供されるサービス又はその一部のソースコードを抽出すること。
    (4) 名誉毀損、誹謗中傷、わいせつ、又は違法な表現を含むコンテンツのアップロード、送信を行うこと。
    (5) 本サイトのサービスを提供するための当社の通信設備、通信回線、その他設備に無権限でアクセスすること。
    (6) その他、本サイトの運営に支障もしくは支障を与えるおそれがあると当社が判断する行為を行うこと。
  2. 当社は、ユーザーが前項の定めに違反したと判断した場合、ユーザーの掲載コンテンツの全部もしくは一部の削除又は編集、ユーザーの本サービス利用の禁止又は制限をすることができるものとします。
  3. ユーザーが第1項各号に定める行為を行ったことにより当社に損害が発生した場合、当社はユーザーに対し、当該損害の賠償を請求することができるものとします。

事業譲渡
当社は本Webサイトにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用者の登録事項その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。
準拠法・管轄裁判所
本規約および本サイトに関しての解釈および適用は、日本法に準拠するものとします。
また、本規約および本サイトに関する紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

最終更新日:2018年05月01日

9/1公開『寝ても覚めても』





注目映画

  1. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  2. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  3. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  4. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  5. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  6. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  7. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…




ページ上部へ戻る