タグ:松重豊

  • 映画『検察側の罪人』 5/5 (1)

    ■イントロダクション 原作は「犯人に告ぐ」の雫井脩介が発表した2013年の同名小説。時効、冤罪、そして司法制度主演は、エリート検事・最上役に、日本のエンターテインメントのTOPを走り続ける俳優・木村拓哉。そして若き検事…
  • 映画『のみとり侍』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

    映画『のみとり侍』 3/5 (1)

    【イントロダクション】 2016年公開の映画『後妻業の女』は、結婚相談所を舞台に保険金詐欺を画策する女とその女に騙される男たちが、刹那的かつ喜劇的に表現され、大ヒットを記録しました。メガホンをとったのは映像の魔術師・鶴…
  • 素敵なダイナマイトスキャンダル監督インタビュー

    映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』冨永昌敬監督インタビュー

    「芸術は爆発だったりすることもあるのだが、僕の場合、お母さんが爆発だった―」 名編集長と知られる末井昭(すえいあきら)氏が自身の半生を書き、1982年に刊行されて以来、さまざまな出版社から文庫化されるなど、永らく愛され…
  • アウトレイジ 最終章 映画予告動画やあらすじとストーリー

    アウトレイジ 最終章 4/5 (1)

    怒号と大金、銃弾が飛び交う! 裏切り・駆け引き騙し合いが連続する! 【作品紹介】 北野武監督が手掛ける唯一のシリーズプロジェクト――〈全員悪人〉を合言葉に、裏社会の男たちの仁義なき抗争を描いた究極のバイオレンス…

9/1公開『寝ても覚めても』





注目映画

  1. ■イントロダクション 2013年に実際にあった心霊現象を映画化した『死霊館』は全世界で360億円以…
  2. ■イントロダクション 土屋太鳳×芳根京子。NHK朝ドラ主演も務めた若手屈指の演技派女優二人が初共演…
  3. 国民が立ち上がり、国と闘った韓国民主化闘争の衝撃の実話を描いた映画『1987、ある闘いの真実(1987 When the Day Comes)』
    韓国国民が国を相手に闘った民主化闘争を描く衝撃の実話 その時、歴史を変えたのは、普通の人々の信念だ…
  4. ■イントロダクション 2017年マンガ大賞受賞の超話題作、待望の実写映画化!! 映画の原作となる…
  5. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  6. ■イントロダクション 新世代の才能と、日本屈指の実力派スタッフ・キャストが集結し、鮮やかに描き出す…
  7. 【イントロダクション】 ~「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ~ 近年、報道のあり方につ…
  8. ■イントロダクション 二人の同じ顔をした男とその間で揺れ動く女の物語である映画『寝ても覚めても』。…




ページ上部へ戻る