Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『飢えたライオン』ティーチイン実施中!監督・キャストと語ろう

Pocket
LINEで送る

映像や情報の持つ「加虐性」を描くと同時に、それらを消費する私たちの中にある邪悪な“欲望”をあぶり出す。世界中に拡散する「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ突きつける78分。2017年の第30回東京国際映画祭に選出され、チケット即完売。その後海外映画祭から上映オファーが殺到。『子宮に沈める』『体温』の緒方貴臣監督の衝撃の最新作が9月15日より絶賛公開中!

【あらあすじ】
ある朝のHRで、瞳(松林うらら)の担任が児童ポルノ禁止法違反の容疑で警察に連行された。担任の性的動画が流出し、その相手が瞳だというデマが流れる。誰も信じないだろうと軽く考えていた瞳だったが、デマは事実のように広がっていき、瞳は追いつめられ自殺をする。担任の逮捕と生徒の自殺は、マスコミの格好の餌食となり報道は加熱していく。そして社会によって瞳の「虚像」が作られていくのだった…。

【監督・キャストと語ろう】
映画ログプラスでは、公開を記念し緒方貴臣監督、主演の瞳役・松林うららさん、瞳の彼氏ヒロキ役・水石亜飛夢さんにインタビュー取材を行いました。今回さらに本作を深く楽しむために、監督やキャストと観客の皆さんが意見を交換できる交流の場「ティーチイン」をスタートいたします!
※監督・キャストが必ず回答することを約束するものではありませんが、応援コメントや作品に対する意見・感想を自由に書き込んでください!


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • みっち
    • 2018年 10月 18日

    こんばんは。新宿テアトルで映画観させて頂きました!
    緒方監督の映画を観るのは初めてで、
    ぶつ切りの撮り方で感情移入してしまいそうな自分をさせてくれなく、実際に起きてる出来事に対して何もできない、そんな気持ちにもさせられました。
    私は現在高校生で本当に日常で起こりえるそんなワンシーンにドキドキしました、もしかしたらいつかどこかで飢えたライオン(ニュース)の餌食になるかもしれない、
    何を信じればいいのか改めて考えさせられました
    演じてる役者さん全員の演技も自然で、
    私的にヒロキの心情が1番伝わりやすかったです!

    • みっちさん
      ご感想ありがとうございます。
      私はこの作品は特に若い方々に観ていただきたいと思っていたので、実際の学生さんに観ていただき、そしてフェイクニュースについて考えるきっかけとなれたことがとても嬉しいです。
      ご覧頂き本当にありがとうございました!
      by菅井知美

    • 腕毛
    • 2018年 10月 18日

     飢えたライオンを梅田で見ました。 
    心にズシンと刺さる作品でした。
    日高七海さんのお芝居がとても自然で驚いたのですが、 当時、現役の高校生ですか??

    • ありがとうございます。
      腕毛というお名前が気になりすぎて夜も眠れません。

      嬉しいです。えっと。。高校生です(嘘です大人です)

      日高七海

    • すえきち
    • 2018年 10月 17日

    緒方監督の作品を初めて拝見させていただきました。

    いろいろと深く考えさせられることが多かったです。

    私はもうおじさんですので、視点としては主人公の子達よりも、大人の目線になるかもしれませんが、拙い感想を書かせていただきます。

    観終わったあと、まず印象に残ったのは、登場人物たちがリアルであるということでした。
    学校生活や会話の演技そのものも過剰ではなく、見せ方もある意味淡々としており、日常が流れていく感じです。

    それゆえ、事態が徐々に進展していき、戻れない状況になっていく過程が、本当に怖いと思いました。
    初めは小さい歪みですが、それは周囲を巻き込み、大きな渦になっていく感じです。

    たくさんの人たちが、その自覚なしに、小さな暴力を与えていく社会。
    今の世の中は、そうした流れが多少なりとも存在します。
    でも、そういうことって、メディアも自分たちも、あまり見ようとはしないですよね。

    この作品は、それを客観的に物語として見せてくれているのではないでしょうか。

    周りも大事だけど、まず、自分はどう考えどう行動するか。
    自分の発言と行動がどういう結果につながるか。
    守るべき存在を正しく認識しているか。

    自分としては、そういう基本的だけど忘れがちなことに気がつきました。

    衝撃的かもしれないけど、本当の意味での道徳映画でもあるように思います。

    ありがとうございました。

    • コメントありがとうございます!
      溢れている情報から何を信じていくかって大切ですよね。すえきちさんの仰る通り、”基本的なことだけど忘れがちなこと”を、私もこの作品に関わってから改めて考えるようになりました。ご覧くださり、ありがとうございました!by 加藤 才紀子/佐々木 萌役

        • すえきち
        • 2018年 10月 18日

        ご返信ありがとうございます!!
        女優さんから直接コメントをいただけるのって、かなり嬉しいですね。

        情報の取捨選択って、今の時代は本当に大切ですよね。
        気をつけていきたいと思います。

        これからも頑張ってください。

    • ご感想ありがとうございます。
      拝読していて「無自覚」であることが、最初の小さな罪なのだと思いました。
      メディアの裏には無自覚に消費する視聴者の我々がいます。
      「初めは小さい歪みですが、それは周囲を巻きこみ、大きな渦になっていく感じ」僕もこの点を恐怖に感じます。
      この現実に潜在化している恐怖だと思います。
      渦の真ん中にいる当事者しか感じる機会のないこの恐怖を、「飢えたライオン」というフィクションが体感を呼び起こしてるなと。嬉しく思うと同時にこの映画がもっと広がるといいなと改めて思いました。
      世界がほんの少し、変わっていくかもしれません。投稿ありがとうございます。by品田誠

        • すえきち
        • 2018年 10月 18日

        ご返信ありがとうございます!!

        加藤さんへのコメントにも書かせていただきましたが、映画に出ていた俳優さんと会話ができるって、素晴らしいです。

        品田さんのお言葉にある「無自覚」というキーワードが、けっこう響きました。
        なんていうか、自分自身が気づいていないことこそ、一番いけないのかもしれませんね。
        だからこそ、常に意識していくことが大切なように思います。

        存在感のある演技が素敵でした。
        これからも頑張ってください。

    • えりい
    • 2018年 10月 15日

    こんにちは!昨日シネ・リーブル梅田にて、鑑賞させていただいたものです。
    自分でもびっくりするくらい最初から最後まで集中して観てました。
    なかでも登場人物の人物像というのが印象に残っていて、
    瞳ちゃんは、誰かの前では涙を見せないし、ネットの悪口も何度も繰り返し見るような素振りはあまり見せなかったと思うんですよね。彼女はSNSでは人気を博してる女子高生で、私は勝手にそういう子に偏見があって。
    だから彼女がわかりやすく周りに例えばツイッターとかで弁明?をしなかったのが意外でした。気にしてるんだけど、気にしてないよという風に振る舞ってたのが印象的で。
    ヒロキくんは途中連絡が取れなくなった過程があったと思うんですけど、あの期間は彼なりに瞳ちゃんにどう接していくべきか、など葛藤があったのかなとログプラスさんのインタビューとあとは私の考えなんですけど、そう解釈しました。結果彼女を信じようと会いに行った矢先、先輩の車から瞳ちゃんが出てきて、裏切られたと勘違いしたヒロキくんが逆に最終的に裏切ってしまったと。観たあとすぐは、ヒロキくんが嫌な感じだなあって率直に思ったんですけど、後々彼に対していろいろな感情、経緯を想像してしまって寝るときもすごく考えてしまいました、、
    そして昨日は伝えられなかったんですけど、
    これからも応援させていただきます。
    水石さんから、飢えたライオンを知って沢山の出会いがあったので、すごく良かったです嬉しいです。
    東京には行けなくて、亜飛夢くんには会えなかったんですけど、昨日の言葉だけですごく私幸せですありがとうございました。

    • 先日は遥々大阪まで観にきてくださりありがとうございました!お会いできて嬉しいです。素敵な感想もありがとう。お友達にもおすすめしてくださったら嬉しいです♪ by 松林うらら

        • えりい
        • 2018年 10月 16日

        わざわざありがとうございます、、(泣)
        嬉しくて胸いっぱいです、!!
        是非!広めさせてください〜!
        同じ学科の子に話してみます、ありがとうございますうららちゃん

  1. 『飢えたライオン』は10月13日(土)よりシネ・リーブル梅田(大阪)、元町映画館(兵庫)で上映中です!
    ぜひご覧ください。by緒方貴臣

   

CAPTCHA


大ヒット上映中『ムタフカズ』

注目映画

  1. ■作品紹介 双子では、ありません。 原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむ二人の女子の物語。 …
  2. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  3. ■ 映画『ムタフカズ』西見祥示郎監督&田中栄子プロデューサーインタビュー https://toku…
  4. ■作品紹介 今世紀最高のハリー・ポッター魔法ワールド最新作が、やってくる! 魔法動物…
  5. ■ストーリー 雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。普段は、友人たちと青…
  6. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  7. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る