画像,あらすじ, ガーデンデザイナー, キャスト, ストーリー, ティーチイン, モトーラ世理奈, ロードムービー, 三浦友和, 予告, 佐々木格, 大槌町, 岩手, 広島, 映画, 東日本大震災, 災害, 監督, 西島秀俊, 西田敏行, 諏訪敦彦, 風の電話

第70回ベルリン国際映画祭~ジェネレーション部門~出品決定!

映画『風の電話』
大ヒット上映中

あらすじ・ストーリー

あの丘にある<風の電話>へ、天国に繋がるただ一つの電話へ、今日もまた人々が訪れる。

一人の少女が幼い頃に家族を津波で失い、心を閉ざす。岩手県大槌町出身のハルは、預けられた広島県の伯母宅からふるさとを目指して旅を始め、風の電話にたどり着く――。

監督と語ろう

映画ログプラスでは、公開前に行われた『風の電話』『恋恋豆花』クロストークイベントを取材。

今回さらに本作を深く楽しんでいただくため、また、舞台挨拶がまわれない全国のファンに制作者の想いを届けるために、諏訪敦彦監督に観客の皆さんの感想を届けたり、質問をしていただくWEBティーチインをスタートいたします!

ご質問・ご感想の受付期間は、1/27(月)~2/7(金)となります!

※諏訪監督が必ず回答することを約束するものではありませんが、応援コメントや作品に対する質問・感想を自由に書き込んでください!

プレゼントキャンペーン開催!

直筆サイン入りパンフレット
画像,あらすじ, ガーデンデザイナー, キャスト, ストーリー, ティーチイン, モトーラ世理奈, ロードムービー, 三浦友和, 予告, 佐々木格, 大槌町, 岩手, 広島, 映画, 東日本大震災, 災害, 監督, 西島秀俊, 西田敏行, 諏訪敦彦, 風の電話
3名様に当たる!
モトーラ世理奈さん&諏訪敦彦監督の直筆サイン入りパンフレットをプレゼント!

【キャンペーン期間】
1/27(月) ~ 2/7(金) ※WEBティーチイン開催期間と同じ

【応募方法】
手順①:こちらのページのコメント欄に、映画『風の電話』に対する質問・感想を投稿。
手順②:”m-gift@sobal.co.jp”宛てに、タイトル:「風の電話プレゼント”投稿時のニックネーム”」をご記載の上、メールをして応募完了です!

※当選者には編集部から当選のご連絡をさせていただきます。その際、プレゼント発送先のご住所等個人情報をお預かりさせていただきます。

©2020「風の電話」製作委員会
配給:ブロードメディア・スタジオ

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (24)

    • ひろう
    • 2020年 1月 31日

    よく理解出来ていない質問でしたらすみません。ハルは、大槌に、家族に会いに行くといいましたが、そこで死ぬ気だったのでしょうか。広島のおばさんがあんなによくしてくれているのに、倒れた後家出してしまうなんて信じられませんでした。それに長年家族への僅かな希望をもって生きてきたのに現実に向き合う事は身を切るように辛い事だと思います。
    一緒に見た人と考えたいのですが、思い出すといつも泣いてしまうのでよく話し合えません。

    • 風の電話
      • 風の電話
      • 2020年 2月 12日

      お返事遅くなりました。諏訪です。
      質問ありがとうございます。撮影中にモトーラと話していたのですが、叔母の広子さんが倒れて、ベッドの上で意識のない彼女を抱きしめてから、ハルはふらふらと病院から出て行きます。気がつくとハルはいつの間にか豪雨災害の爪痕が残る山の中に入っていってしまいます。「通行止め」と書かれた標識を超えて行くとき、おそらくハルは死のうとしていたのだろうと思います。本人はそう意識したわけではないでしょう。でも、彼女が生きて行ける場所はどこにもないように思えたのだと思います。消えてしまいたいと、そう思ったのかもしれません。彼女が現実を生きているのであれば、おばさんの元を離れてはならないと思えたのでしょうが、彼女は半ば死の世界に足を踏み入れていったのだと思います。力尽きて倒れたハルは、様々な人との関わりによって生きることを受け入れて行きます。亡くなった家族に「じゃあね」と告げることができたハルは、あの電話ボックスを出た後、現実に帰って来ます。映画では描きませんでしたが、きっとハルはまた広子さんの元に戻ると思います。あの渡船に乗って、また学校に通うでしょう。少しだけ前を向いて、瀬戸内海の風に吹けれるハルの顔が私には見えますが、それはこの映画を見た方ひとりひとりの想像に委ねようと思いました

    • おにぎり
    • 2020年 1月 31日

    よく知っている俳優さんたちで、見る側も固まった印象があるはずなのに、この映画の中では、初めて見る人のような佇まいで新鮮でした。ベテランが新人を支えてる構図ではなく、対等である様が美しかった。
    そして、監督に一番感謝申し上げたいのは、篠原篤さんを起用してくださったことです。モトーラさんの背後で、少しずつ幻想場面が挟み込まれていく場面が素晴らしかったです。

    • 風の電話
      • 風の電話
      • 2020年 2月 16日

      おにぎりさん、ありがとうございます。諏訪です。篠原篤さんは、私も大好きな俳優さんです。この映画の唯一の非現実的なシーンを、とても現実的に演じていただいて、この場面が一層強いものになったと感じています。モリオの家の玄関に立ったハルの背後に、水しぶきが見えて一つのショットで現実から幻想へと移行してゆくように撮影しましたが、それもこのハルの一瞬の幻想が現実的なものとして感じられるようにしたかったからです。

    • カズさん
    • 2020年 1月 31日

    この映画はフィクションとは言ってますがノンフィクション寄りというか。実際に風の電話はあってその中でどういった展開になるか。そこに実際にいそうな人々がリアルに伝わってましたし。食事の部分が特に印象的でした。この作品は今後学校で上映会をやった方がいいんじゃないかと感じました。ハルに近い年齢の方の目線はまたいろいろな意見が出そうですし。キャストと監督と生徒で質疑応答のやりとりもいいと思います。

    • 風の電話
      • 風の電話
      • 2020年 2月 12日

      諏訪です。カズさんありがとうございます。学校での上映会、いいですね。ぜひやりたいです。今度ベルリン映画祭に行きますが、「風の電話」が上映されるのはイェネレーション部門と言って、たくさんの青少年が見にきます。彼らがどのようにこの映画を見てくれるのか、意見を聞いて見たいと思います。

    • peluzeus
    • 2020年 2月 01日

    「風の電話」拝見しました。何とうちの地方のシネコンで一日二回とは言え、全国公開と同時期に観れるのは嬉しかったです。しかも監督の作品の公開はうちの地方では初めてです。隣県で「ライオンは今夜死ぬ」を観て感銘を受けたので、観てみようかなと。

    3.11で被災し、広島でも災害で被災した女の子が面倒を見てくれる女性が倒れたあと、郷里の家の後まで旅をするロードムービー。観てて思い出したのは、ジョン・セイルズ監督の「希望の街」でした。あの映画は一つの街の様々な事件にアメリカの暗部を凝縮させるドラマでしたが、主人公の女の子の一つの旅と、彼女が出会う様々な人間に今の日本の抱える傷を凝縮させる試みは「希望の街」を彷彿とさせるものがありました(もう一つ思い出した映画があります。モフセン・マフマルバフ監督の「カンダハール」です)。災害の多発、クルド人難民(あまり邦画では採りあげないですね)問題、福島の問題、そして失われた人たちへの思い。一見の価値がある作品だと思いました。

    ただ不満に思ったところがあったのも事実です。まず物語のサスペンスを醸し出すために、モトーラ世理奈さんの自分をたどたどしく自分を語るさまに頼っている気がした事です。あとラストの長廻しも、あれ以外に表しようがなかったというのもあるのでしょうが、単なる長廻しにしか見えなかったなと。僕は従来型の映画を本流と考える人間なのか、どうしても演出の面で受け入れがたいところもありました。

    感動した半面、どうかなとも思いながら、劇場を後にしたのも事実です。果敢な試みは面白いと思いますが、もっとすごい作品になったのではと。

    • JF@走りつづける
    • 2020年 2月 02日

    公開日に有休を使って観てきました。
    撮り方・演出、初めて見るタイプの素晴らしい映画でした。
    大槌町は自身3度訪れた場所。
    劇中、何度も泣きました。
    多分リピーターになるし、DVDも欲しいです。
    主演のモトーラ世理奈さんは初見でしたが、大女優の予感がします。
    139分。
    ある意味、初めて『映画』を観た感覚さえする、とても特別で尊い時間でした。

    • 風の電話
      • 風の電話
      • 2020年 2月 16日

      お返事遅くなりました。諏訪です。ハルは無計画に旅に出たので、着替えを持っていませんからずっと同じ服を着ていますが、確かに靴下は履き替えています。どこでも売っていそうな3足組の靴下をどこかで買ったという設定で、衣装合わせのときにモトーラさんが3色を選びました。これをどのシーンで履き替えるかを話し合いながら、色は基本的に彼女が決めました。大槌に着いた時はピンクの靴下でしたね。でもそのあとで水に濡れたので、モトーラさんと話し合ってラストはまた白に戻ったと思います。冒頭の通学の時の靴下も白か紺か迷いましたが、モトーラさんが白を選びました。

      • 風の電話
        • 風の電話
        • 2020年 2月 16日

        ごめんなさい。これははんなさんへの答えでした。

        • 風の電話
          • 風の電話
          • 2020年 2月 16日

          感想ありがとうございます。「初めて『映画』を観た感覚さえする」とは、本当に嬉しい言葉です。まるで初めて映画と出会うように、映画が撮れたらどんなに素晴らしいかと、いつも密かに思っています。

    • はんな
    • 2020年 2月 03日

    モトちゃんの大ファンで完成披露にも参加させていただきました。泣き叫ぶ場面の嘆きや家族お思い出している時の幸せな気持ち、出会う人々との交流の中での想いなど共感しながらハルと一緒に心の旅ができました。そして、ラストの風の電話ではその場の空気までもが伝わる神聖な映像と生きる覚悟が伝わる電話での会話は圧巻でした。素敵な映画をありがとうございました!
    他の媒体のインタビューで監督と話し合い靴下の色を変えていったと知りましたがどのような話の中でシーンごとに何色に決めたのかかうかがいたいです。

    • 風の電話
      • 風の電話
      • 2020年 2月 16日

      すみません。別の人に返信してしまいました。お返事遅くなりました。諏訪です。ハルは無計画に旅に出たので、着替えを持っていませんからずっと同じ服を着ていますが、確かに靴下は履き替えています。どこでも売っていそうな3足組の靴下をどこかで買ったという設定で、衣装合わせのときにモトーラさんが3色を選びました。これをどのシーンで履き替えるかを話し合いながら、色は基本的に彼女が決めました。大槌に着いた時はピンクの靴下でしたね。でもそのあとで水に濡れたので、モトーラさんと話し合ってラストはまた白に戻ったと思います。冒頭の通学の時の靴下も白か紺か迷いましたが、モトーラさんが白を選びました。

    • Cineman
    • 2020年 2月 03日

    昨日鑑賞してきました。痛々しいくらい深い心の傷を負ったハルに優しく寄り添うような映像と登場人物。俳優の皆さんの佇まいすべてがフィクションなのにノンフィクションドキュメントであるような不思議な感覚を覚えながらも震災が今も多くの人にとって地続きの災害であることを改めて思い知らされた思いでした。

    ハルが土台だけになってしまった大槌の自宅に「ただいま」と泣きながら叫ぶシーン。跡形もない自宅の遠方背景には建物が建っている区画が映っているところがすごく印象に残りました。三浦友和さん演じる公平が「運だよ」と言っていたことを如実に物語るシーンだと感じました。あのロケーションはそういった意図があったのでしょうか?

    森尾がハルと別れる際に発した「大丈夫、大丈夫」というセリフ。短いセリフながら自身も悲しみを抱えつつ、ハルを勇気づけようとする森尾の心情が滲み出たトーンで西島さんの演技の素晴らしさにグッときました。

    • ご著書にも大変感銘を受けました。ありがとうございます。
    • 2020年 2月 03日

    インタビュー記事やパンフレットで語られている、俳優さんたちと諏訪監督の協働作業について大変興味深く感じております。
    一方で、スタッフさんたちと諏訪監督が今作にどのように取り組まれたのかについても興味があります。俳優さんたちが即興で演技に取り組むのにあたり、監督が、普通の(?)映画制作に比べて特にスタッフ側へのディレクションで気を配っていたポイントなどありましたら教えて下さい。また前作までのフランスと、日本での制作現場の環境や慣習の違いによる、監督の映画の性質・方向性への影響はありましたでしょうか?

    • なまじ
    • 2020年 2月 04日

    風の電話、現在の日本に暮らす様々なひとの傷を静かに見据え、それでも生きていく力を信じるとても良い映画でした。

    これまで三度観たのですが、その都度発見や考えるべきポイントが出てきて興味が尽きません。
    今特に気になっているのは、ハルが森尾との別れ際に”春香”という自分の名前を告げたことです。

    これまで仮名=ハルを名乗り、呼ばれていた女の子があそこで真名=春香を名乗ることには、特別な意味があるように思いました。
    なぜ、大槌の家の跡を訪れた後・風の電話に向かう前というあのタイミングで、森尾を相手にして、ハルは春香と名乗ったのでしょうか?

    最後になりましたが、諏訪監督・俳優の皆さん・スタッフの皆さんに感謝したいと思います。素晴らしい作品を届けて頂き、本当にありがとうございました!

    • ヒロ
    • 2020年 2月 04日

    こんにちは。広島出身のヒロです。ヒロとハルでヒロハルなんてコンビ名にしたら面白いですね。映画は、ひとことで言えばとても良かったです。1番印象に残ったシーンは、大槌でハルとハルの友達のお母さんが再会するシーンでした。調布の舞台挨拶ありの回に観に行ったのですが、モトーラさんの間というか沈黙は、ある意味テレビやトークショー向きではないと思いましたが、私は映画のハルに正直感動しましたし、モトーラさんはとても心が綺麗な人だなと感じました。これからもその個性を大切にして、素敵な女優さん、素敵なモデルさんのままでいてもらいたいですね。

    • チモシー
    • 2020年 2月 05日

    「風の電話」を初めて観た時、茫然としました。ハルの姿が、何年か前の自分の姿と重なったからです。映画の冒頭でハルが一見無感情に見えるのも、突然感情が爆発するのも分かる気がしました。
     自分も数年前に辛い別離を経験し、旅をしました。旅先で色々な人と出会って様々な経験をして、食事をする事や食事を作ってくれる人がいる有難さを思い出しました。そんな自分の思いが画面の中のハルと重なり、まるで過去の自分が旅をしている様な錯覚を覚えたのです。人と出会い、食事をし、別れて行く……人生はこの繰り返しだと思います、
     今の世の中、万人に分かり易いものばかりが支持される傾向にあると思っています。皆時間が無いのか、直ぐに判断出来る方が便利だと思っているかのような気忙しさ。でも現実は、分かり辛いし物事もサクサク進まない。何より人間の心は複雑で、今日は大丈夫だと思っても明日になれば落ち込み、もう駄目だと思っても立ち上がれる。
     「風の電話」はそういった揺らぎの表現が素晴らしく、それでいて最後は希望が見えます。その希望も儚いものかもしれないけれど、それでも確かに希望はあるのだと信じられるのです。これから先、生きて行くのが辛いと思う時も有ると思います。でも自分は「風の電話」という素晴らしい映画に出敢えました。この映画が、辛い時に心を照らす灯となってくれると思っています。諏訪監督、素晴らしい映画を届けて下さった事に心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

    • 風の電話
      • 風の電話
      • 2020年 2月 16日

      チモシーさん、美しい言葉をありがとうございます。ご自身の経験によってこの映画が一層切実なものとなったのですね。先日、私のfacebookにこんな書き込みをしました。少し長くなりますが引用します。
      「むかし、ある人がおもしろいことを言いました。「映画にはふたつの種類がある」と言うのです。ひとつは「レンガでできた映画」で、もうひとつは「岩でできた映画」なのだそうです。どういうことでしょう?
       いま、あなたの目の前に、川が流れているとしましょう。あなたは、その川を渡って向こう側に行ってみたい。でも川は広くて、流れは早いし、歩いては渡れそうにもない。どうしたらいいでしょう? 大人ならそこに橋をかけることができますね。むこう岸までの距離を計り、橋を設計して、たくさんの人や機械で図面通りに工事をして橋を造れば、たくさんの人がその川を渡ることができるでしょう。
       昔は、大きな建物や橋もレンガを積み上げて造りました。レンガというのはみな同じ四角い形をしていて、片手で持てるような大きさですね。でもそれを、ひとつずつ積み上げていけば、がんじょうな橋だって造れる。もちろん、でたらめに積み上げても橋はできません。計画した橋の形になるように、図面を見ながら積んでゆくのです。
       実は、多くの映画もそんなふうにつくられているのです。まずお話を考え、必要なものをそろえ、計画にもとづいて、ひとつずつレンガを積むように、カメラで映画の部品(レンガ)を撮影してゆくのです。そのバラバラな部品を編集で積み上げると映画になるというわけです。
       では「岩でできた映画」とは何でしょう?
      あなたの目の前の川をよく見ると、川の流れの中に、いくつかの大きな岩がゴロゴロと転がっていて、水面から顔を出している。きっと何百年もかかって転がってきたのでしょう。その岩は、ごつごつしていて、レンガのようにキチンとあつかいやすいような形はしていません。当たり前ですね、その岩は自然のものですから、ひとつひとつ違う形をしていますし、人のためにそこに転がっているわけではありません。重いし、簡単には動かせない。でも、川を渡りたいと思った人が、思い切ってその岩をぴょんぴょんと飛び越えて、川を渡りきったとしたらどうでしょう。きっと岩はとんがっていたり、でこぼこだったりして、あなたは足を滑らせるかもしれない。岩と岩の距離もさまざまで、あなたのジャンプ力で岩に着地できるかどうかわからない。でも、勇気を出して飛んでみる。着地成功。そしてまた次の岩を見つけてジャンプ……。すると、向こう岸に渡ることができた。そのとき、その自然の岩たちはあなたがジャンプした一瞬だけ、あなたの「橋」になったのです。
       実は今回、みんなは「岩でできた映画」をつくったのです」

      この文章は数年前に「こども映画教室」で、小学生たちの即興的な映画作りに立ち会った時、彼らの作品が素晴らしくて、それを伝えるために書いた文章です。

      「本当は「レンガでできた映画」のほうが、かっこいいと思う人もいるかもしれませんね。レンガの映画はたくさんお金もかかっているし、CGやきれいな衣装や、宇宙船や、夢のような出来事であふれています。でも、レンガの映画をつくる大人たちには、とても岩の映画をつくることはできません。勇気がないのです。「石橋を叩いて渡る」ということわざがあります。レンガの映画の大人たちは冒険するのが怖いのです。レンガの映画はたくさんあるんですけど、岩の映画というのはほんの少ししかありません。とても貴重です。それはただの岩ではなくて、まるでダイヤモンドのような貴重な映画なのです」

      「岩の映画」「レンガの映画」という美しい比喩を書いたのはフランスの映画評論家アンドレ・バザンです。「ロッセリーニの擁護のために」というエッセイに出てきます。ありのままの現実に対する愛情によって、バラバラになった世界を、もう一度ひとつの塊として捉えようとするこのイタリアの映画監督の精神を擁護しようとしました。
       実は私もこの「岩の映画」を目指してずっと映画を作ってきたのではないかと思います。「風の電話」はよくできた美しいプロポーションを持った橋=映画ではありません。ゴツゴツした岩をひとつひとつジャンプしながら向こう岸まで渡ろうとした映画なのだと思います。その岩は自然がもたらしたものであり、私たちに都合の良いように配置されているわけではありません。だから私たちの映画にはよく考えられた流麗な構成も、作劇の技術も、精密な心理描写もなく、私たちはただフラフラ、ヨロヨロ、川に落ちそうになりながらエイッとひとつひとつの岩を勇気を出してジャンプしてゆきました。
      だから「風の電話」は橋には見えないでしょう。何しろただの岩なのですから。だからただ眺めていてもそれは岩のままです。でも、この映画を見た人が私たちと一緒にその岩をひとつひとつジャンプしてゆく時、それはその瞬間、私たちの橋=映画になるのだと思っています」
      チモシーさんは、ご自身の人生の経験とともに、ハルや私たちと一緒に岩をジャンプして川を渡ってくださったのだと思います。ありがとうございます。これからまた辛いことがあったときに、あるいは温かい気持ちになったときに、ふとこの映画のことを思い出していただけたら、映画を作るものとしてそれ以上の喜びはありません。

      • 風の電話
        • 風の電話
        • 2020年 2月 16日

        長文になってしまってすみません。

    • ゆー
    • 2020年 2月 05日

    クロストークイベントに参加しました。記事をあげて下さってありがとうございます!
    ハルを通して、そこに生きる人達と交わりながら、今もどこかで存在しているかのような切り取り方、フィクションであるけれど、ドキュメンタリーのようにも見えるし、ハルが出会った人達は、わたし自身もいつかどこかで出会うのではないかと、そう思わせてくれる作品でした。出会ったばかりのハルに、ご飯食べなよって、手を差し伸べてくれる優しさが、大丈夫だよっていう言葉が、そっと優しく包んでくれて温かくなった。
    風の電話のあの場所は、花が咲き、光が降り注ぎ、優しい風が吹き、命を感じる場所のように感じました。
    あの降り注いでいた光は、偶然撮れたものなのでしょうか??
    モトちゃん代表作になる素晴らしい作品をありがとうございました!!うまく言葉に出来ないけれど、今もあの場所でハルと同じように救われている人達が沢山いるのかなって、電話の存在をしらなかったわたしは、この作品をみて、知れて良かったです。

    • hashi
    • 2020年 2月 05日

    森尾は当り前のように被災した自宅に土足で入ってゆくけど、ハルは玄関から先に進めない…シーンを見て。他の場所で見る森尾は穏やかに落ち着いた様子に思えたけど、その心の中は、今も非常事態が続いていて、自宅に帰る度に大事なものを踏みつけざるをえないことに傷ついている…それを自分でも意識できなくなるほど長い時間が経過している…、だけど、ハルの様子を見て、何か心動くものがあったのではないだろうか…と感じました。土足で室内に入るだけではなく、布団までも踏みつける設定だったのは、何かを強調される意図だったのでしょうか。見ていて、とてもひりひりしました。

    • むぎ
    • 2020年 2月 06日

    昔々、家出をして自分のルーツを辿る旅をした事があります。微かな記憶を頼りに向かったのは福島県いわき市。私は誰とも出会わずひとりで海を眺めるだけで帰ることになりましたが、風の電話で確かなあてもなく家族と居た場所に戻ろうとするハルを観ながら、当時のことを思い出して涙してしまいました。被災地となったかつての旅の目的地を私は意図的に再訪していないのですが、確かめに行ってもいいかなぁと考えさせてくれた映画でした。
    ところで映画の中で、森尾の家を訪ねるシーンからの強く吹く風が印象的でした。雨戸と窓を開けた後に翻るカーテンの美しさにハッとしました。風の電話でハルの髪を乱す風もありましたが、あれらも偶然のものだったのでしょうか。

    • じゅんこ
    • 2020年 2月 06日

    終盤にハルが故郷に帰って友達のお母さんに再会する場面がありますが、やっと知り合いに会えたんだー良かったね、なんて呑気に思っていましたが、「高校三年生」を繰り返すことに真実を知り愕然としました。こういうことなんですね。
    3.11の10日後位にテレビの取材に答える40歳位のお父さん、瓦礫の中何か探しています。家族の写真とか思い出の品かな、とテレビの人も私もそう思いました。「何を探しているんですか?」「息子です」に絶句しました。思い出しました。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  2. 映画『スキャンダル』
    世界騒然! 全米最大TV局を揺るがした衝撃スキャンダルの全貌 映画『スキャンダル』 シャーリー…
  3. 画像,グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    ■イントロダクション 原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッ…
  4. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  5. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  6. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  7. 画像,1917 命をかけた伝令
    英国アカデミー賞9部門 全米監督協会賞&全米撮影監督協会賞など 続々ノミネート中!! 早くも、…

Facebook

ページ上部へ戻る