画像,あらすじ, ガーデンデザイナー, キャスト, ストーリー, ティーチイン, モトーラ世理奈, ロードムービー, 三浦友和, 予告, 佐々木格, 大槌町, 岩手, 広島, 映画, 東日本大震災, 災害, 監督, 西島秀俊, 西田敏行, 諏訪敦彦, 風の電話

第70回ベルリン国際映画祭~ジェネレーション部門~出品決定!

映画『風の電話』
大ヒット上映中

あらすじ・ストーリー

あの丘にある<風の電話>へ、天国に繋がるただ一つの電話へ、今日もまた人々が訪れる。

一人の少女が幼い頃に家族を津波で失い、心を閉ざす。岩手県大槌町出身のハルは、預けられた広島県の伯母宅からふるさとを目指して旅を始め、風の電話にたどり着く――。

監督と語ろう

映画ログプラスでは、公開前に行われた『風の電話』『恋恋豆花』クロストークイベントを取材。

今回さらに本作を深く楽しんでいただくため、また、舞台挨拶がまわれない全国のファンに制作者の想いを届けるために、諏訪敦彦監督に観客の皆さんの感想を届けたり、質問をしていただくWEBティーチインをスタートいたします!

ご質問・ご感想の受付期間は、1/27(月)~2/7(金)となります!

※諏訪監督が必ず回答することを約束するものではありませんが、応援コメントや作品に対する質問・感想を自由に書き込んでください!

プレゼントキャンペーン開催!

直筆サイン入りパンフレット
画像,あらすじ, ガーデンデザイナー, キャスト, ストーリー, ティーチイン, モトーラ世理奈, ロードムービー, 三浦友和, 予告, 佐々木格, 大槌町, 岩手, 広島, 映画, 東日本大震災, 災害, 監督, 西島秀俊, 西田敏行, 諏訪敦彦, 風の電話
3名様に当たる!
モトーラ世理奈さん&諏訪敦彦監督の直筆サイン入りパンフレットをプレゼント!

【キャンペーン期間】
1/27(月) ~ 2/7(金) ※WEBティーチイン開催期間と同じ

【応募方法】
手順①:こちらのページのコメント欄に、映画『風の電話』に対する質問・感想を投稿。
手順②:”m-gift@sobal.co.jp”宛てに、タイトル:「風の電話プレゼント”投稿時のニックネーム”」をご記載の上、メールをして応募完了です!

※当選者には編集部から当選のご連絡をさせていただきます。その際、プレゼント発送先のご住所等個人情報をお預かりさせていただきます。

©2020「風の電話」製作委員会
配給:ブロードメディア・スタジオ

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • hirotta
    • 2020年 2月 06日

    映画の中で西田さんが福島を語った言葉に同郷の人間として共感するものがありました。主演のモトーラさんも素晴らしかったです。セリフとセリフの間の沈黙にハルのどのような思いがあるのか、考え込んでしまうような深みを感じました。

    • いのうえさだむ
    • 2020年 2月 06日

    風の電話、観終わった後の帰り道、ずっと余韻に浸っていました。モトーラ世理奈さんは少女邂逅を観た時に凄い人が出てきたと思いましたが、今回は素晴らしい俳優に皆さんのおかげで更にそのポテンシャルを引き出されたように感じました。普段の彼女と役に入った時の落差というか、ピュアさをもったまま役に入り込んで台詞ではなく感情や表情、仕草などでそれを表現できるのが凄いと思いました。印象に残ったのはやはり最後の電話のシーン。話しながら彼女の中で何かが変わっていくのがスクリーン越しに伝わってきました。素晴らしい映画をありがとうございました。また観にいきたいと思います。

    • てんあお
    • 2020年 2月 07日

    公開初日の新宿ピカデリーの初回と、ユナイテッド・シネマ豊洲の最終回に鑑賞してきました。大変、心を動かされました。

    後悔と生きづらさ、それらを補うように出逢う人々から受ける優しさ。2011年の東日本大震災を起点としながら、それだけに留まらない苦しみと哀しみ、切実な旅の物語であったと認識しました。

    日本の多くの映画制作者の皆さんが、震災後の映画をつくり、公開され、その何作品かを観てきました。そのなかでも本作は、特に当事者でないと考えられてきた人々の、個人的な問題や不安に繋がり得る、可能性をひめた作品のようにも感じられました。

    人は亡くなってしまうと、年数を経る事に、偲ぶことも語られることも少なくなってしまいます。この映画をきっかけに、少しでも、なくなられた方々の面影を思いだし、思い出したひとたちの哀しみを和らげ、励ますことに繋がれば。今をいきることの助けになれば。誰かに優しくしようとする気持ちを後押しすることに繋がれば。私がそう感じたように、この映画が誰かの励みになれば良いなと、そう思えた映画でした。

    年代が近いこともありますが。春香のような子供の力にならなければならない大人。この国の40~50代の大人が、逆にいま、励ましを必要としているようにも思います。劇中の森尾のような、哀しみを負った、真面目でまともな大人が力を失わないよう、身近なところから「大丈夫」だよと励まし、支えあっていかなければ為らないと、深く諭された気がします。

    叶うなら、もう何度か映画館で、他の見知らぬお客さんと、この映画を鑑賞し、共有できたらなとおもいます。上映やソフト化の機会を通じて、この作品の優しさと祈りが、多くの人々が届くことを願っています。

    • てんあお
    • 2020年 2月 07日

    劇中、西田敏行さん演じる今田が語る『警察日記』について、非常に関心を持ったため、観賞後DVDソフトを購入して鑑賞しました。会津磐梯山の麓に広がる農村の原風景を。今田が切々と訴えていた、失ったものの姿を、確認することが出来ました。しかし、それは風景だけではなく、そこに生きる、太平洋戦争後すぐのの人々の、切実な日々の暮らしと人情、といえるものの姿でもあったかと思います。

    そこで、監督、あるいは制作初期から関わられた方々にお尋ねしたいのですが、映画の企画段階で『警察日記』を何らかの参考にされたのか、ということについてお聞かせください。もし、参考となるものではなかったとしても、『警察日記』と『風の電話』についての繋がり・関係性について、どのように考えておられたのか、お聞かせいただけましたら幸いです。

    • こなつこ
    • 2020年 2月 07日

    時々突き刺さるような、またあたたかく抱かれるような気持ちで観賞させていただきました、ありがとうございます私は震災ではないのですが主人を東北で亡くし、一瞬にして奪われるという苦しみを味わいました、その後まさかまだこんな風に傷付くなんてと、自分の知らない抑圧した感情に出会うこともあり、そんな自分を度々映画が救ってくれました、この風の電話のモトーラさんの演技も同じで大きな救いでしたし、周りの人が癒えることない傷に彼女のまま変えようとせず見守り声をかけるのが素晴らしく、彼女に自分を重ねいろんな世界を肩越しに見たような気持ちでした。

    この映画で役者さんが言葉を失ったり、意図していたのと違う方向に物語が進んだり、もしかしたら期待した着地点と違うものが生まれたりしたかもしれません。

    作品を完成させる道程それこそが人生のように思うし、観た人が自分の中で自分自身の映画を完成させる、そこには不恰好で欠点だらけのそのまま自分がいる、それで良かったんだなと不思議と思いました、

    予測のつかない部分とそこで起こる化学反応、監督としての映画を導く力、などバランスをとっているのですか?
    それともその場その場の変化にその都度必要な対応されるのですか?気になりました。

    • にこ
    • 2020年 2月 20日

    とても暖かい気持ちになりました。

    辛い体験をした少女と、彼女を見守り世話してくれる叔母さん。
    町の人は温かく見守るけれど、「よそ者感」は拭えない。
    津波ですべてを失った彼女が、再び西日本豪雨を経験して、
    どれだけ怖かっただろう辛かっただろう、気持ちは計り知れない。
    これ以上傷つかないように感情を抑えて生きていて
    辛いことばかりが重なって。

    道すがらに出会う、つらい経験を乗り越えてきた人々の優しさに触れ、少しずつ自分を客観視できるようになり、
    やっと津波を受け入れられるようになった。
    感情が爆発する時の演技は、心に響くものがありました。
    辛い経験をした人だからこそ、ハルの気持ちがわかるし、ハルにその気持ちが伝わる。
    1人1人のストーリーが濃くて素敵で、1人1人のことをもっと知りたくなりました。

    震災ものだけれど、震災そのものというよりは、
    誰もの心にある孤独感や傷に寄り添うような、共感しやすい作品でした。

    インプロだからこその、演技だけれど自分本当感情としてが訴えかけてくる強さに圧倒されました。

    不安定さを掻き立てるカメラワークも、少し酔いましたが効果的でした。

    自作、期待しています。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  2. 画像,1917 命をかけた伝令
    英国アカデミー賞9部門 全米監督協会賞&全米撮影監督協会賞など 続々ノミネート中!! 早くも、…
  3. 画像,グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    ■イントロダクション 原作は、鬼才・ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で完成させた戯曲「グッ…
  4. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  5. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  6. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  7. 映画『スキャンダル』
    世界騒然! 全米最大TV局を揺るがした衝撃スキャンダルの全貌 映画『スキャンダル』 シャーリー…

Facebook

ページ上部へ戻る