シネスイッチ銀座
Pocket
LINEで送る

単館系映画館としては老舗の『シネスイッチ銀座』。単館ロードショー劇場のプロトタイプと呼ばれた「シネマスクエアとうきゅう」が昭和56年に設立されましたが、シネスイッチ銀座の歴史はさらに古く、昭和30年代に開館し当時は銀座文化劇場として営業していました。昭和62年12月には、1館をクラシック映画を提供する銀座文化劇場、もう1館を籏興行、ヘラルド・エースとフジテレビの3社によって洋画と邦画を切り替えながら上映するシネスイッチ銀座が設立されます。その後、平成9年4月よりシネスイッチ銀座1・2としてリニューアルオープンされました。

今回は、『シネスイッチ銀座』の吉村支配人にお話をうかがいました。

「映画館内の小窓から出てくる光の筋を見て、小窓の内側はどうなっているのかを覗いてみたかった」という吉村支配人。映写機への関心が高じて映画の世界に入ったのだそうです。
昔からフィルム編集を新しいスタッフに教えたり、映写機用ランプを交換したり、機材の調子が悪い時は専門業者を手配するなど機材周りのことはもちろん、事務・劇場ニーズ全般をこなす点で、文字通り劇場運営を知り尽くしている「The支配人」です。

銀座の地でヒューマンドラマを中心に厳選映画を上映中。写真は271席のシネスイッチ1。

お客様からは「どなたがこういった上映プログラムを組むのですか?」とよく質問されるそうです。吉村支配人は「上映プログラムは吉澤興業部長が担当していて、選定のために直接海外に出かけています。作品の方向性は、渋谷や新宿などで上映されるエッジの効いた作品とは一線を画し、感動できるヒューマン・ドラマ等を選んでいます。女性のお客様が多いので女性目線で選ぶことが多いでしょうか。最近ではLGBTなどもテーマに挙げています」と語ります。
「チョコレートドーナツ」「世界の果ての通学路」を上映した際には、2館で2,000数百名/日ものお客様が来館する人気となり、「列が長くなると近隣のお店に迷惑をかけてしまう」といった嬉しい悲鳴も聞かせていただきましたが、アルバイトを除くスタッフ3名で運営しているため、作品がヒットすると現場は戦場さながらの状況になっているのは想像に難くありません。他のヒット作としては、やはりヒューマン・ドラマで子供が出演している作品が多く、「蝶の舌」、今年1月の映画ログのおすすめ映画「ライフ・イズ・ビューティフル」「ニュー・シネマ・パラダイス」「リトル・ダンサー」そうそう!これも映画ログお勧めの「ブランカとギター弾き」などが挙げられます。
そんな支配人が最近観たおすすめ映画は、「ロンドン、人生はじめます」。ダイアン・キートン主演、実話を映画化した良作で4月21日からシネスイッチで上映予定ですのでお楽しみに(笑)

ロンドン、人生はじめます © 2016 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 6 LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

ジャンルやテーマが多様化する中で、どんな作品を良い作品だとお考えなのかをお聞きすると「人によって感じ方は様々ですので、その人が好きだと思う映画が一番だと思います」と、観客の心をつかむお応えをいただきました。

現在シネスイッチ2で上映中の「ベロニカとの記憶(英)」は「めぐり逢わせのお弁当(印・仏・独合作 2014)」のリテーシュ・バトラ監督による感動のミステリー作品です。

映画『ベロニカとの記憶』記憶をめぐる感動のミステリー 予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

ベロニカとの記憶 © 2016 UPSTREAM DISTRIBUTION, LLC

同時にシネスイッチ1で上映中の「はじめてのおもてなし(独)」は、2016年度ドイツ映画興収No.1大ヒットとなった作品です。どちらも2/23(金)迄ですのでお見逃しなく!

映画『はじめてのおもてなし』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

はじめてのおもてなし ©2016 WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG / SENTANA FILMPRODUKTION GMBH / SEVENPICTURES FILM GMBH

さらに、2/24(土)から上映予定の「ナチュラルウーマン」。愛する人を突然失い悲しみに陥るトランスジェンダーの主人公マリーナが理不尽な現実を乗り越えていく姿に、観る側が共感しエールを送りたくなる、愛の物語です。ヒロインを演じるのは、自身もトランスジェンダーの歌手であるダニエラ・ヴェガさん。

映画『ナチュラルウーマン』第90回アカデミー賞にて<外国語映画賞>ノミネート作品に選出!!

ナチュラルウーマン Ⓒ2017 ASESORIAS Y PRODUCCIONES FABULA LIMITADA; PARTICIPANT PANAMERICA, LCC; KOMPLIZEN FILM GMBH; SETEMBRO CINE, SLU; AND LELIO Y MAZA LIMITADA LELIO Y MAZA LIMITADA

同じく24日から上映予定の「あなたの旅立ち、綴ります」。若い訃報記者へ舞い込んだ依頼は、「最低な」老婦人の「最高の」おくやみ記事を生前に作ること。老婦人ハリエットは最高の訃報記事のために自身が変わることを決意する。そんなハリエットとの出会いが人知れず悩みを抱えていた訃報記者アンの未来をも変えていくことに…。シネスイッチらしく涙あり笑いありの感動作で、若者を応援する作品です!! 是非観に来て下さいね。

映画『あなたの旅立ち、綴ります』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」

あなたの旅立ち、綴ります ©2016 The Last Word,LLC.All Rights Reserved.

吉村支配人から「映画監督自らが来館されて、作品のチラシを置いていただけませんか?とお願いされたことがありました」というエピソードを聞きました。そして最後に、映画好きな方々へのメッセージとして「その人なりの情熱をもってやっていくことが大切だと思います」とちょっぴり恥ずかしそうに語っていただきました。現場を見てきた支配人ならではの言葉ですね。

映画ファンにはたまらない厳選映画のチラシがビッシリと並ぶロビー

映画ファンの方々、そして映画ログ会員の皆さんが『シネスイッチ銀座』で感動する映画に出会えますように!!

※現在のシネスイッチ映画上映情報
http://tokushu.eiga-log.com/cineswitch


取材:2018年2月8日(木)シネスイッチ銀座支配人 吉村俊一様
シネスイッチ銀座のこれまでの上映作品を映画ログでチェック!


【映画館めぐり一覧へ】 >>


コメントは利用できません。

10/20公開『ごっこ』

注目映画

  1. ■イントロダクション 『鉄コン筋クリート』のスタッフが贈る、フランス発「バンド・デシネ」アニメーシ…
  2. ■イントロダクション 再会した初恋の人は車イスに乗っていた―。 岩田剛典×杉咲花W主演。 …
  3. ■イントロダクション 2011年、ほぼ無名のキャスト、新人監督の作品でありながら200万人を動員し…
  4. ■イントロダクション 1969年、原宿のセントラルアパートに“若松プロダクション”はあった。当時3…
  5. ■イントロダクション 少女の“恐ろしい力”は封印されたはずだった。 彼女が初めての恋におちるまで…
  6. ■イントロダクション 早世の鬼才・小路啓之が遺した家族愛の物語、ついに映画化。 2016年10月…
  7. ■イントロダクション あなたの戻りたい過去はいつですか? 本屋大賞ノミネート“4回泣ける”と話題…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る